松本・安曇野・長野旅行で買った、さゆりっぷ的お土産

松本・安曇野・長野を旅して来ました。
充実の休暇となり、寿命が延びた気分です。

さて、旅の楽しみの一つはお土産です。
買ったお土産を一挙公開です。

広告

松本:くるみのコンサート

くるみのコンサート
6個入り 1,600円

泊まった星野リゾート 界 松本で購入。

よくある”部屋にお茶菓子として置いてあって、食べてみたら気に入った”というケースです。

私は和菓子が苦手なので、普通はふぅ〜んと素通りするところですが、最中皮なのに中は餡子が入っていない洋菓子風。くるみの実がみっしりと詰まっていました。

製造元の株式会社ガトーフレーズのサイトの写真では、くるみの姿があまり見えていませんが、ほんとうにくるみがみっしりです。
甘さも控えめなところも気に入り、お買い上げです。
なんと、第27回全国菓子大博覧 農林水産大臣賞を受賞しています。

安曇野:ガラスのブレスレット

ガラス作家さんの、ブレスレット。
私には珍しくアクセサリーです。
2,700円
宮澤京子さんという作家さんの作品です。

アクセサリー類は銀・真鍮は絶対ダメで、ピアスは18金以外の金属は身体が受付無かったのですが、最近ストレスがめっきり減り、銀・真鍮を避ければ大丈夫になってきています。

可愛さに一目惚れ。

買ったところは、安曇野アートヒルズミュージアムです。
長野 安曇野:イタリアンレストラン Quindici(クインディチ) アートな空間で日本アルプスの絶景を眺めながら食べるランチ

安曇野:山葵漬け

安曇野観光の定番。
大王農場わさび農場
安曇野の川のせせらぎには癒されました。
超観光地化されていましたが、美しい川の流れは一見の価値があります。


※写真は大王わさび農場のWebショップより

そのわさび田のわさびで作られた山葵漬け。
色んな種類の山葵漬けが売られていましたが、原材料をチェックしたところこの「粋美」のラベルがついているものが、(良い意味で)なかなかだったのでお買い上げ。
1,200円
我が家は山葵漬けが大好き。

安曇野:生わさびと山葵の葉

せっかくなので、生わさびと山葵の葉も購入。
生わさびはお刺身などに。
山葵の葉は、売店のおばちゃんに作り方メモをもらったのですが、お砂糖たっぷりの甘い味付けになっていたので、簡単に浅漬けにする予定です。

生わさび 800円〜
山葵の葉 540円

小布施堂の栗鹿の子

栗鹿の子 大 1,998円
長野に足を運んだら、必ずと言ってこれを買います。
我が家はみんな小布施堂の栗鹿の子が好き。
この栗鹿の子の特徴は大粒の栗と、きんとん部分も栗で出来ているところです。

これを買わないと「なぜ買わないのだ?」ぐらいな勢いで家族に詰め寄られます。
安全帰宅のパスポートです。
(私は和菓子が苦手なので食べません。)

小布施堂のサイトはこちら

小布施堂の栗蒸し

小布施堂の栗蒸し 1,026円

うっかりです。
栗鹿の子を買うときに店員さんに試食を勧められて、うっかり食べました。
食べてみると、ういろうの様にもっちりとしていて、甘さ控え目。
そして大粒の栗がごろっと入っています。

和菓子が苦手な私にも食べられる甘さ控え目がなんとも言えず、栗好きにはたまらないほどの栗が、、。
つい「これも一緒に」と、意識と口とがまったく切り離されて、無意識に口から言葉が出てしまった逸品です。

栗むし

野沢菜と生そば

野沢菜と生そばは長野土産の定番。
こちらもお買い上げ。

まとめ

すっかり『自分用』のお土産もしくは、我が家用のばかりです(笑

お買い物が楽しいのも旅の醍醐味です。
少しずつ、旅を思い出しながら楽しんでいます。

関連記事

長野 松本駅 スーツケース・キャスターが入る大型コインロッカー

松本城 夏休みは天守閣に入るまで100分待ち そんな待ち時間に楽しめるVRアプリ

松本 手打ち蕎麦 こばやし:おもてなし・味とも100点満点の信州蕎麦

長野 松本 珈琲まるも:松本民芸家具でくつろぐ極上の時間

リゾートビューふるさと :信濃路の自然が120%楽しめるリゾートカー


長野 安曇野:イタリアンレストラン Quindici(クインディチ) アートな空間で日本アルプスの絶景を眺めながら食べるランチ


長野 善光寺門前 かどの大丸: 創業300年の伝統の味


長野 善光寺 Tea Room 藤屋 : クラッシックホテル The Fujiya Gohonjin の隣にひっそりとあるカフェ味

長野 善光寺 山門の回廊の一般開放は2017/7/22〜2017/9/30まで

広告




CATEGORY :