金沢 オーベルジュ 薪の音:気持ち日差しの下で豊かな朝ごはん

金沢のオーベルジュ 薪の音に泊まりました。
お部屋の様子はこちら

ディナーの様子はこちら

ディナーがあまりにも素晴らし過ぎて、翌日は胃がもたれるのかな?と思っていましたが、良い意味で期待を裏切られ、目覚めても胃はスッキリ。
そして朝は朝で、手の込んだ素晴らしい朝ごはんでもてなして貰えました。

広告

朝ごはんは気持ちの良い日差しの下で

▼ディナー会場でもあったレストランで、朝ごはんをいただきます。

▼レストランのこの真上がお部屋。吹き抜けで、金沢のやさしい日差しがたくさん入ってきます

▼テーブルに着くと目の前が庭

昨日座っていたカウンターの奥では、シェフが朝ごはんの支度をしてくれています

▼「おめざ」がまず出されました

▼りんごのフレッシュジュースとイチゴのジュース

▼発酵の街 金沢らしくお醤油にもこだわっています

▼煮物と魚の蒸し物あんかけ

▼土鍋で炊いたごはん、お味噌汁。梅干しと佃煮2種。

▼焼鮭と出汁巻たまご。

感想

ディナーと同じく、一品のポーションが適量で、するすると胃に収まっていきます。

よく温泉旅館などで、朝から鍋だの刺身だのと山のようにおかずが出てきて、グッタリすることがありますが(そんな場合、鍋が甘ったるかったりして、重ね重ねガッカリ)
ほんとに適量。また、鮭やたまご焼きはフワッと仕上げてあり、口当たりがとてもやさしいのです。

土鍋で炊いたごはんは、品種は忘れましたが、石川県白山市で採れた新米。
白山市は水が豊かで美味しいことで有名です。
北陸が育てた滋味溢れる海の幸山の幸が、品良くさりげなく供されている朝ごはんでした。

全てがハイクオリティの金沢 オーベルジュ 薪の音。「もう一度来たい!」と思う宿でした。しかし、お値段的にもハイクオリティなので、しっかり稼いでまた来ようと、自分を励ますためにも目標となるお宿なのではと。

そして、実は富山にもあるとのこと。
次は富山に泊まるのも良いですね〜。

お部屋の様子はこちら

ディナーの様子はこちら



さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク