星野リゾート 界 松本: 浅間温泉の中心にある寛ぎのリゾートホテル

夏休み休暇に、長野県は松本に行ってきました。

私は転々と宿を変えるよりも、滞在型で宿泊する方が好きで、二泊三日の旅の拠点を、松本市内から車で20分ほどの浅間温泉にある『星野リゾート 界 松本』に泊まって来ました。

バスなら、松本駅から、1時間に日本の割合で浅間温泉行きのバスが出ています。
片道360円
ただし、終バスが早いので、そうなるとタクシーを使うことになります。

タクシーであれば、松本駅から2,300円ほどになります。

広告

さゆりっぷ的 お風呂の充実度はナンバーワンの界 松本

実は星野リゾートファンで、「界」ブランドとその他のホテルはこれで8件目です。

●奥入瀬渓流ホテル
奥入瀬渓流ホテル 星野リゾート 青森の温泉宿で渓流のせせらぎで目覚める
●星野リゾート 界 津軽
●星野リゾート 界 川治
星野リゾート界 川治 で過ごすラグジュアリーな時間
●星野リゾート 界 伊東
●星野リゾート 界 松本
●ロテルド 比叡
星野リゾート オーヴェルジュ  ロテルド比叡:一歩足を踏み入れた瞬間から極上の空間
●星野リゾート 界 出雲
●ウトコ・オーベルジュ
旅の空の下から -高知編 Vol.11-星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパの室内

「一番良かったところを、1行で述べよ」と言われたら、お風呂の充実度がナンバーワンでしょうか。
津軽も川治も良かったけれど、お風呂の種類とお風呂内の充実度が一番でした。

お風呂のことについては改めて書くとして、まずはお部屋について書こうと思います。

浅間温泉の中にある、ひっそり佇む温泉宿

星野リゾート 界 松本は、”松本”と銘打っていますが、松本市内から車で20分ほど離れた浅間温泉の中にあります。

周りには、たくさんの立派な門構えの温泉旅館が立ち並んでいるため、”ここだけ超ゴージャス”という感は無く、むしろひっそりと佇んでいます。

格子戸をくぐって中に入ると、ホテル入り口までは”和”の趣たっぷりのしつらえとなります。

しかし、ロビーに入るとモダンなドーム型のフロントがあり、天井の高さから抜け感が気持ちよく、また、客がそれなりにいても混雑している風に感じないところが心地よいです。

この日は、夏のお盆休みのピークの休前日とあって、宿泊客が大勢いました。
3ヶ月以上前にこの旅を計画したのですが、その時すでにほぼ満室で、かろうじて一室予約できました。

星野リゾートでは、チェックインの時はフロントデスクでは無く、ラウンジのソファで手続きをして、その際に必ず、おしぼりとご当地ドリンクが出されます。

ここ、長野では国産ワイン作りが盛んなこともあり、赤ワインとして仕込む葡萄で作られた葡萄ジュースが出されました。

部屋の中へ。シンプルな室内

部屋の中に入ってみました。
今迄の星野リゾート界ブランドの中で一番普通 とてもシンプルな室内インテリアです。

ただし、私は和室が少し苦手なので、今回は和室+洋室タイプにし、この和洋室があるのがこの部屋だけだったため、ベッドがあるのは嬉しいです。

フカフカのお布団は寝心地最高です。

小さな応接セットがありました。

枕元には、充電するスペースがあり、ここてPCを広げてブログも書けました。

和室側のしつらえ

こちらが、和室+洋室の和室側となります。
宿泊人数が増えるとここにお布団を敷いて、エキストラとする様ですが、私の場合その必要も無いし、テレビも観ないので、ただただお茶を飲んでゴロゴロするリラックスルームとなりました。

テーブルの上には丸いものが。

これは、花火の尺玉の中なのだそうです。

尺玉を開けてみると、いろんなお茶菓子が用意されていました。

ここで食べて気に入ったら、ロビーで売ってますよ!というシステムです。
そして、ウッカリ美味しくてそのシステムにハマりました(笑

買ったのはこちら
松本・安曇野・長野旅行で買った、さゆりっぷ的お土産

アメニティや、その他の部屋の設備については別記事で。

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告