金沢 ホテル「雨庵」:北陸の海の幸山の幸が溢れる朝ごはん。コンパクトなジムも完備

「「金沢の雨」まで、旅の魅力に。」をコンセプトにした、金沢のホテル『雨庵』に泊まってみました。

フロントと「ハレの間」についての記事はこちら

お部屋についての記事はこちら

広告

北陸の海の幸・山の幸が盛りだくさんの朝ごはん

朝食は、「和食」と「洋食」が選べ、チェックインした時にホテルのスタッフから、どちらにするのか確認されます。

▼こちらが「和食」の献立

▼左上から「いしるだしの温泉玉子」時計回りに「のどぐろの姿干物」「グリーンサラダ 金時草ドレッシング」「れんこんのすり流し汁」「石川県産 夢ごこち 白米」「野菜の浅漬け」
右側の上からプラス3品のお惣菜がつきます。

▼何だったかすっかり忘れてしまったのですが、上から「ホタルイカの沖漬け」「エビの塩麹漬け(?)」しっかり立派な大きさのエビでした。手前は鶏肉の和え物

朝ごはんの感想

北陸の海や山の幸がふんだんに盛り込まれていました。
日本海側に多い「いしる」
のどぐろ
加賀野菜のひとつ金時草
加賀野菜と言えば加賀れんこん
石川県産のお米
富山のホタルイカ
北陸の海の幸エビ

朝ごはんだけで、こんなに豊かな食事がいただけるなんてと感動したのは言うまでもありません。
正気なところ、朝ごはんだけでも食べに来たい!と思うようなクオリティです。

ホテル「雨庵」にはレストランが無いので、もしこのホテルにレストランがあったらどんなにか驚くような仕掛けをしてくれるのでしょう?想像しただけでときめきます。
しかし、ホテル「雨庵」は、近江市場や武蔵ヶ辻。香林坊などの、繁華街が近くにあるので、夜の食事には困らないロケーション。
そこで、レストランを無くし、宿泊サービスに注力しているのは、素晴らしい戦略と思います。

食事はレストランが無いため、こちらの「ハレの間」で食べることになります。

雨の日でも「自分管理」ができる施設

ジム

雨庵の1階のエレベーターホールの先に、なんとコンパクトなジムがあります。

▼ランニングマシンなど有酸素系のマシン

▼ストレッチマットやバランスボール

▼ジムの手前にはロッカールームもあります。男女共用なので着替えは部屋ですることをおすすめします。
シューズは用意されていないので、あらかじめ持参するようにした方がいいでしょう。

ランドリー

▼ランドリー
最近のホテルはランドリーが設置されているところが増えたのが嬉しいです。

喫煙室

授乳室

▼小さいお子さん連れの場合、雨案がミルクステーションにもなるのですね!これは他のホテルではなかなか見ないサービス

施設の感想

「痒いところに手が届くサービス」というのはこういうことでしょうか。
実は、金沢のホテルで「ジムが併設されているホテル」をこの半年間、散々探しました。
今の所見つけられたのは、ホテル日航金沢と、この雨庵の2つのみ。
ただし、ホテル日航金沢はホテルのビル内にジムがテナントとして入っているということで、宿泊者が利用できるのかは不明です。

雨が多い金沢。
定期的に体を動かす習慣がある人には、雨でランニングを中止しないといけない・・・という場合には嬉しいジム設備です。

また、授乳室も設置されており、宿泊者以外へ向けての、金沢を訪れる観光客への心配りも素晴らしいホテルだと感じました。
観光資源があるから訪れる、訪れてみて居心地の良い街だから観光客が増える、という好循環の先駆けとなるホテルができて、ますます金沢が楽しくなってきたと。

ここは絶対にリピートしたいやどになりました。



さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク