台湾 SIMのレンタルは 桃園国際空港の到着ロビー内で 中華電信

台湾に行ってきました。

持っているiPhoneはSIMフリー端末なのに、モバイルWiFiを事前レンタルして、成田発の便なのにウッカリ羽田受取にしてしまっていた、さゆりっぷです(汗

まぁ、とにかく現地に着けばどうにかなると台湾の桃園国際空港に到着しました。

飛行機から降りて、税関を通過する前になんと「中華電信」(チュンファテレコム)のブースを発見。
なんと!お懐かしい。国際電話会社にいた頃は台湾が担当でした。Taiwan テレコム担当でチュンファは担当外でしたが、その頃を思い出させてくれる懐かしいロゴです。

ああ、中華電信よありがとうございます。
SIMの無い私を出迎えてくれたのですね(なワケ無いw)

そこで、突撃してレンタルしました。

▼中華電信のブース

私は、2泊3日だったのでAコースの3日間を申込みしました。
$300(台湾ドル)です。日本円にすると約1,200円です。
日本で手配したモバイルWiFiよりも遥かに安いです!
1,200円で3日間使い放題。

しかも!!!SIMをここで借りると、台湾で使える音声電話用の電話番号がふられます。
通話はもちろんできますが、それよりもこの電話番号で台北市内のレンタルサイクルが借りられるのです。

(レンタルサイクルの手続きについては別記事で)

この空港に到着してすぐの中華電信(チュンファテレコム)のSIMがオススメ!
iPhoneの場合はSIMカード取り出し用ピンも用意されています。

そして、日本で使えるSIMは、帰国まで大切に保管しましょう!

▼このブースを越えると入国手続と税関です。

とても並ぶので、並びながらスマホを使える状態にしておくと、安心ですね!

  • ブックマーク

スポンサーリンク