星野リゾート 界 松本:室内のアメニティと、バリアフリー対応の客室

2017年の夏休みに、松本に旅行をしました。
その際に、星野リゾート界 松本に2泊して旅の拠点としましま。

前回の記事では、ホテルのフロントから室内について書きました。
星野リゾート 界 松本: 浅間温泉の中心にある寛ぎのリゾートホテル
その続編です。

広告

室内の設備

室内には、手を洗える小さな洗面台があります。
最近、星野リゾート界の部屋には、この小さな洗面台が備え付けられているケースを見かけます。
まだ、レポートを書いていませんが、星野リゾート界 津軽にもついていました。

このちょっとした洗面台が、お茶を入れたりちょっと水を使いたい時に活躍してくれます。

もちろん、ちゃんとした洗面台もあります。

グラスも、オシャレなものがたくさん用意されていました。

冷蔵庫の中。
ミネラルウォーターは無料です。
冷蔵庫の中だけで無く、枕元にもミネラルウォーターが用意されていて、とにかくふんだんにお水が用意されていました。
ラベルの製造場所を確認すると、どうやら地元・長野の天然水。
松本は、街の中のいたるところに湧き水があり、水の豊かなところで、その恩恵がサービスにまで行き渡っているようです。

こちらが、本格的洗面台。

アメニティ類は、星野リゾート界ごとに違った色の風呂敷に包んであります。
ここ松本では、若草色。
ちなみに、2泊目も丸々1セット新しいものが追加用意されます。

こちらがバスルーム。
バスルームと洗面所は、車椅子でも入れる様に段差が無く繋がっています。
オールバリアフリーの部屋です。

室内着は、浴衣と作務衣が用意されていました。
他の星野リゾート界が浴衣しか無かったので、この作務衣は嬉しいです。
少々寝相が悪くても乱れる事が無いですし、翌朝、なんだかヨレヨレの浴衣で朝ごはんを食べに行くの、抵抗あったんですよね。
なので、この作務衣は本当痒いところに手が届くサービスで嬉しかったです。

あと、驚いたのが、部屋の入り口のドアが自動ドアで段差無し。
つまり、バリアフリー対応になっています。
入り口から部屋の中まで、全て段差無し。

これは、足の悪いお年寄りには助かると思います。
矍鑠としていても、ちょっとした段差で躓くこともあると思います。

オールバリアフリーのための、シンプルでスッキリしたインテリアと配置だったんですね。

前記事で、地味なんて書いてすみませんっ。

夕食の記事は、別記事で。

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告