茨城県 水戸 「水戸プラザホテル」:テラスで食べるモーニングは朝の光もたっぷりも一緒に

茨城県は水戸に行っていました。
泊まった「水戸プラザホテル」がとても素敵だったのでご紹介です。
気付けば三部作になってしまっています。

お部屋の様子はこちら

茨城県 水戸 「水戸プラザホテル」:発明家エジソンの子孫がデザインした重厚なインテリアデザイン
バスループや共有エリアの様子はこちら

茨城県 水戸 「水戸プラザホテル」:バスルームも共有エリアもゴージャス

”朝食あり”プランにしたので、翌朝のモーニングがとても楽しみでした。
これほどゴージャスであれば、お味も期待できます。

広告

光が降り注ぐ アトリウムガーデンでの朝食

朝食は、一階にあるアトリウムガーデン横にあるレストランで取ります。

アトリウムガーデンは、ここで数十人が参列できる結婚式やパーティー、イベントが出来る非常に天井の高い中庭です。

7-8階ほどあるホテルの建物の一番高い天井が、アトリウムガーデンのガラスの天井になっていますので、天にまで心は飛んでしまうほどの開放感です。

朝食は和定食と洋食とで選べます。
今回は、洋食をオーダーしてみました。

洋食も、動物性の食材を使っていないタイプと、ウィンナー・ベーコン・ハムが選べるアメリカンブレックファーストと2種類あります。

今回は、アメリカンブレックファーストのウィンナー・ハム(2種類選べます)と、スクランブルエッグ(目玉焼きとスクランブルエッグの2択)にしました。
オムレツも選べると嬉しかったですね。

飲み物は、コーヒー・紅茶・ハーブティー・ジュースを自分で選んで取りに行きます。

お味としても、献立としても、可もなく不可もなしという無難な着地でしたが、とにかく高い天井から降り注ぐ光を浴びながら食べる朝食の気持ち良いことこの上ないです。
優雅で贅沢な時間を過ごすことができました。

こんなロケーションのホテルがあるなんて、驚きでした。
後日、茨城に住んでいる知人にこのことを話したら、地元の人も驚いていたほどの豪華さでした。
地元の人はパーティーぐらいでしか使わないのでしょうね。

まとめ

朝食はごく普通ですが、ロケーションが最高です。

もう少し、水戸駅からのアクセスが良ければリピートするのに、と言うところでしょうか。
帰りは、ホテルから水戸駅まで再び送迎バスで15分。
もし、ビジネスで使うのであれば、もっとアクセスの良いホテルを選ぶかもしれません。

しかし、地元の人の結婚式や披露宴、パーティーなどでは利用されるのではと思います。

ひとときのゴージャスな夢を見せてくれたホテルでした。

広告




CATEGORY :