大阪 ライフスタイルホテル「hotel it osaka shinmachi 」ホテル イット 朝しっかりとバランスの良い食事をしたい人におすすめのモーニング

2ヶ月に1度、偶数月には大阪に行っている さゆりっぷです。
大阪のライフスタイルホテル「hotel it osaka shinmachi 」に泊まってきました。
お部屋についての記事はこちら

今回は、朝食のレポートです。

できる限り「ナチュラル」。
生産者の思いが届く食材。
その素材の滋味を 100%活かす料理法で。

hotel it.サイトより

この「hotel it osaka shinmachi 」が、オシャレで快適なホテルだったため、朝ごはんも期待が膨らみます。
夜はイタリアンのディナーを提供しており、また、サイトをみる限りでは、こだわりを持っているようです。

広告

朝食券を事前に購入

モーニングを食べるには、事前に朝食券を購入します。
以前、金沢で当日朝に朝食券を購入しようとしたら、満席かつウェイティングする人の数が多すぎて断られたことがありました。
それから、前日に朝食券を買うようにしています。
値段は1,980円(2019/12/7時点)
提供時間は、AM 7:00~10:00

朝食券には日付と部屋番号が記載されます。
4階のフロアに朝食が食べられるレストランがあります。 広々として気持ちいいスペースとなっています。
手前にはDJブースもあります。また、電源のあるデスクもあり、ここでノマドすることも出来ます。私がチェックアウトする時には、ここで勉強している小学生ぐらいの女の子と、その横で仕事をしている父親らしき人がいました。

朝食メニュー

一番驚いたのは、ナッツサーバー。全部で10種類のナッツが好きなだけ選べます。
これだけ並ぶと圧巻です。
野菜。地元産大阪や、滋賀県、京都府など近隣のお野菜が並んでいました。
野菜を置いている器が、なんと”トランクケース”おしゃれです。
すりおろし人参ドレッシングや、手作りドレッシングが並びます。
左はコーンポタージュ、右はお味噌汁
かぼちゃのキッシュ風、出汁巻き卵
定番のウィンナーソーセージ。横には手作り風なケチャップもあり。
定番のサバ焼き。それと”これはイチオシ”と思ったグリル野菜。左側の赤い小さな器の塩でいただきます。
羽釜で炊かれたご飯が、電磁調理器で保温しながらならんでいます。
卵かけご飯ファンには嬉しい卵。まるで巣のようなディスプレイがかわいい。
パン類もあります。
お豆腐もあり。
コーヒーマシン。淹れたてが飲めます。
コーヒーカップがかわいい。ぽてっとしたフォルムと、淡い水色がなんとも私にはツボです。
ソフトドリンク。
こちらがマグカップ。色はコーヒーカップと同じですが、形が違います。
2種類のカップ。形が若干違っていて、自分の用途に合わせて選べます。時々コーヒーカップもティーカップも一緒。。。というところがありますが、こんな小さい気づかいが嬉しかったりします。
私が選んだ朝食。野菜3:タンパク質2:炭水化物1 の割合でチョイスしました。日頃から体調管理のために、食べるものに気を遣っているので、自分で満足の出来る朝食が食べられるのは本当にありがたいです。

カフェ&ダイナーの様子

朝食を食べるエリア「it oven.」の様子。
朝はモーニング
昼はランチ
夜はイタリアンディナー
3食、ここで厳選された素材の食事が食べられます。

テーブル。緑のチェック柄のテーブルライナーがアクセントです。
「it.ovem」のロゴが入った焼き窯。夜は、ここで直火で焼いたピザなどが食べられるそうです。
Barエリア。お酒の種類も豊富です。
ソファでくつろぐこともできます。
Barエリアからテーブルエリアを眺めたとろこ。解放感があって気持ちいいです。この日は土曜日の朝でしたが混雑していなくてゆっくり食事ができました。

感想

大満足です。
今まで大阪では、チェーン展開しているホテルに宿泊していて、そこの朝ごはんがセントラルキッチンで調理されたものを温めて並べて出すだけ・・・というスタイルだったので、きちんと手がかけられた朝ごはんが食べられるシアワセは何ものにも代えられません。
セントラルキッチンで調理されて、運ばれた料理には、保存料や添加物が入っている場合が多いです。
それを承知で食べてはいましたが、美味しく無いしで時々コンビニやスーパーに頼っていたのですが、それも似たようなものです。

しっかりした朝ごはんを食べたい、食にこだわりがある人にはぜひおススメしたい、hotel it osaka shinmachi の朝ごはんでした。


さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク