金沢 「金沢カプセルホテル武蔵町」:金沢のカプセルホテルに泊まってみた。

金沢のカプセルホテル「金沢カプセルホテル武蔵町」に泊まってみました。
金沢のカプセルホテルの先駆けのホテルです。

広告

金沢の繁華街 武蔵町にあるホテル

JR金沢駅を降り立つととても驚きます。
何に驚くかと言うと、兼六園口側に出ると林立するホテルの数々。

確かに、金沢は市内を走る電車が無くバス移動となります。
土地に慣れていない観光客は、どのバスに乗れば良いのか迷ってしまうの正直なところ。
その点駅前にホテルがあれば、便利。
一旦チェックインしてから、ホテルのコンシェルジュに聞けば、迷うこと無くバスに乗れます。
その点、よく考えられているなぁと思うのです。

しかし、そんなバス移動の街 金沢で、どのバスに乗ってもかなりの高確率で行ける町があります。
それが、金沢の繁華街 武蔵町。
近くに近江市場もあり、デパートありで賑わっています。

JR金沢駅からバスに乗って、その武蔵町で降りるとすぐに「金沢カプセルホテル 武蔵町」があります。

金沢カプセルホテル 武蔵町
〒920-0855 石川県金沢市武蔵町1−17
076-208-5100

フロント

▼ホテルのフロント

▼1階の共有スペース。テレビはここだけ

▼フロントの正面に大型スーツケースを置くスペースがあります。

▼靴はここに入れて、鍵はフロントに預けます。外出のたびに受渡しするのが少々面倒

▼1階がフロント、2階が女性専用エリア、3階以上が男性専用エリア

女性専用エリア

▼女性専用エリア。とても静か。

▼2段になっています。

▼コンパクトなカプセル。座ってみると頭はつかえません。

▼日課の「親指シフト」の練習もカプセル内でできました。

▼ロッカー。部屋番号と同じロッカーを使い、この中にパジャマと歯ブラシ、タオル・バスタオルが入っています。

▼シャワーブースと洗面台

▼談話室。窓が無いので閉塞感あり。しかし使っている女性をほとんど見かけなかったので、貸切状態でくつろげました。

▼トイレは女性専用エリア内に

▼コインランドリー。稼働率高

▼女性専用エリアの見取り図。ベッド数はあまり多くはありません。専用キーがないと入れないので、安心できます。

感想

一泊2日で3,800円でした。
湯船は無くシャワーのみなので、一泊ぐらいなら安くて良いです。
連泊となると、個人的にはもっとくつろげるホテルにしたいかも。

なぜ、カプセルホテルにしたかと言うと、昨年、京都で生まれて初めてカプセルホテルに泊まったら、超熟睡できたからなのです。
室内真っ暗で眠りに集中できます。
イビキ被害にもまだ遭っていません。
(自分が引き起こしている可能性もありますが、寝ているので分かりません。笑)
テレビも無いし、限られたスペースではスマホをいじるか、PCでブログを書くかぐらいしかやる事が無く、とにかく深く寝られるのです。

なぜだろう?

理由がよく分からないまま、知らない間にカプセルホテル・ラバーになっていました。

7月から半年間、月に2回金沢に勉強のために来るので、いろいろなホテルに泊まってみようと思っていますが、多分どこかのタイミングでまた利用すると思います。
「あぁ〜疲れた。。しっかり眠って体力復活したい」という時に使う可能性が高いのが、本当に摩訶不思議なカプセルパワー。

スポンサーリンク