宇都宮駅に直結の部屋が広くてオシャレなビジネスホテル

酒蔵見学に栃木県は宇都宮市に行って来ました。
東京からは新幹線で1時間ほどで行けるので日帰り圏内で、宇都宮から新幹線通勤をしている人もいる距離です。
しかし、せっかく行くのだから120%満喫したいと思い一泊することにしました。

そこで選んだビジネスホテルは駅直結の「アールメッツ宇都宮」です。

ホテル アール・メッツ宇都宮

広告

アクセス最高 宇都宮駅西口に直結

宇都宮市は県庁所在地とあって、県の主要都市です。新幹線・在来線ともアクセスが良く、私の様に車を持たない人にとっては、宇都宮を起点として日光方面に行くには便利です。
土地勘が無い時は、なるべく駅に直結もしくは駅に近いホテルを選んで、効率良く移動するように心がけています。
特に地方都市の平日昼間は、在来線の電車やバスの本数が限られている場合が多いので、駅こら近いことのメリットは大きいと感じています。
その土地にリピートしたり、馴染んで来たら駅から離れたコスパの良いホテルや、少し珍しいところを探したりします。

そういう理由もあり、今回は駅直結のホテル「アールメッツ・宇都宮」を選びました。

宇都宮駅西口を出ると、右手方向に進みます。すると、ホテルの入口となります。
エレベーターの乗り口です。
同じビル内3階には、餃子の有名店「宇都宮 みんみん」がありますので、餃子巡りをしたい人には素早く1件目に突入することが出来ます。

エレベーターは、ガラス張りになっていますので、駅前の様子が一望できます。
この日はあいにくの雨で、見晴らしがいまいちでしたが、今市に行きたいので引き寄せか!?
※おやじギャグは軽くスルーをお願いします。

ロビーに到着です。

フロントでチェックインを済ませます。

アール・メッツ宇都宮では”19時チェックイン→翌9:00チェックアウト”のショートステイプランを予約したので、1泊2日 大人1名で 土曜日の夜なのに5,600円でした。朝食付きです。
土曜日泊の価格を調べてみると、通常であれば10,000円以上は超えるようです。
早くホテルに到着しても、フロントで荷物だけ預かって貰えば良いですし、駅直結ですのでコインロッカーをわざわざ利用する必要はありません。

室内

フロントより上の階は、ホテルのルームキーが無いと作動しない様になっていますので、セキュリティもしっかり守られています。

私の予約した部屋は8階でした。廊下からしてオシャレです。
階層ごとに廊下のインテリアのコンセプトを変えているそうです。
他の階の様子を見に行ってみたかったのですが、私のルームキーでは他の階には行けない様になっていますので見られませんでした。

廊下の雰囲気は、新大阪駅直結のレム・新大阪と似ています。
記事はこちら

大阪でぐっすり眠るには・・レム新大阪ホテル

部屋に入っての第一印象は「広い」です。
一人で使うには勿体ないほど広いです。トランクの荷物を広げて、更にベットの横にヨガマットを敷いてヨガも出来るぐらい。

もちろんベットも広いです。
土曜の夜に、一人で、このアクセスの良さとこの広さで、朝食付きで5,600円!コストパフォーマンス最高です。

入ってすぐの正面にはテレビがあります。

入ってすぐ右手にクローゼットがありました。

クローゼットの横には姿見

引き出しには充電ケーブルとLANケーブルがありました。
室内には無線LANが飛んでいます。

映画用のスピーカーも設置されていました。

バスルームとアメニティ

バスルームも比較的広いです。

バスタブも身長164センチの私にとってはゆったりサイズでした。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

アメニティ類で嬉しかったのは、バスソルトがあったことです。
時々、ホテルの近くのコンビニでバスソルトを買ってきて、ゆっくりとバスタイムを楽しんで旅の疲れを取るのですが、ちゃんと用意されていました。
バスソルトが用意されているホテルはまだまだ一般的では無いですね。

モーニング

5,600円の宿泊費の中に、モーニングも込みでした。

フロント横のレストランがモーニングを食べる場所となります。

和定食か、洋定食かを選んだら、ブッフェ式で自分でいろいろ選べます。

私は鮭=タンパク質を摂りたいと思ったので、和定食にしました。

ブッフェから、野菜と果物をたっぷりチョイス。
玉子焼きや納豆、その他多数のおかずがありますので、好みの物をたっぷり選べます。

特に個人的に気になったのが、これ。おからのポテトサラダ風。
宇都宮は日光が近く、日光の名産品は湯葉なのです。
私も何度かおからでポテトサラダ風に仕上げるレシピを作るために試行錯誤中ですが、これは舌触り滑らかで美味しく参考にしたい一品でした。

まとめ

・駅からアクセスが良い
・プランを選べば、コストパフォーマンスが高い。
・室内が広くてアメニティが揃っている。
・食事がヘルシーな物が選択できるため、食事に気を遣っている人にも利用できる。
この4点のポイントが高かったビジネスホテルでした。

それ以外にもいろいろサービスが用意されているようですので、出張される方にはおススメだと感じたホテルでした。

新入社員の頃、宇都宮にある製薬会社のユーザー対応のために、1週間滞在する仕事を何度かしたことがあり、その頃はホテルの数も少なく、駅から遠く(もっと繁華街に近かった)、部屋も狭くて・・・とあまり良い印象が無かった宇都宮のビジネスホテルでしたが、いまやすっかりこんなに便利になって嬉しくなり、私の中での宇都宮のホテルの印象が一変した経験でした。

広告