変なホテル東京 浅草橋 いよいよ7月13日にオープン!潜入レポ。ロボットがお出迎え!

東京 台東区に「変なホテル」がオープンしました。
自分のキッチンスタジオと目と鼻の先の距離、スープが冷めない距離と言いますか、ソフトクリームすら溶けない距離、徒歩10秒です。

これは、ひとつ潜入してみないと気が収まらないと、さっそく2018年7月13日にオープンした2日後、7月15日に泊まってみました。

広告

ビジネスホテル風、いやビジネスホテルです

変なホテルとは、人間のスタッフがいない(いるけれども表舞台にはあまり出ない)という珍しいホテルです。
人間の代わりにロボットが受付や掃除、案内をしてくれるというもの。
長崎のハウステンボスでは先駆けてオープンし、その奇妙奇天烈の面白さが話題になっています。

そんな、アミューズメントパークみたいなホテルがほんとに、こんな下町の浅草橋に出来たのか?未だに信じられず、百聞は一見にしかずで泊まって見ることにしました。

▼入り口

▼入り口前のテラス席

ロボットがお出迎え

▼ホテルフロント。ロボットがお出迎え

ロボットがお出迎えしてくれますが、、、話しかけてみましたが、何も答えてはくれませんでした。

翌日、人間のスタッフに聞いてみたところ、浅草橋の変なホテルのフロントでは、片方向の会話のみなのだそうです。

「ありがとうございました」
「いらっしゃいませ」
などの声がけは出来ても、こちらからの質問に答えることは出来ないそうです。

同じ変なホテルでも、浜松町にある変なホテルは双方向の会話が出来るのだそうです。
うーん、残念。

▼ただし、こちらのミニロボットくん(黄色のまる)は、会話が出来ます。

「こんにちは」というと「こんにちは」と答えてくれて、「お名前はなんですか?」と質問すると答えてくれます。(名前忘れたw)
いろいろ質問して、会話が楽しめます。
また、ロボットが解決出来ない内容の質問の場合は「スタッフを呼んでください」と返事されます。

Hello!と話しかけると「May I help you?」と答えたえてくれます。

アンニョンハセヨと話しかけると、、無言でした。

まだ、二ヶ国対応なのでしょう。

フロントに様々な設備

▼ロボットの魚が泳ぐ水槽

▼ベンディングマシン。無料です。

▼大きな荷物を置くエリア

なんと、大きなスーツケースはココに置くようになっていました。
なぜココに置くのか?は、この後、部屋に入ってから、なるほどと思いました。

▼コインランドリーもフロントがある2階に

▼自販機も2階に

感想

ロボットとの会話は、出来るホテルと出来ないホテル、出来るロボットと出来ないロボットがあると言うことでした。
浅草橋は、ミニロボットくんだけ会話が出来るみたいでした。
ちょっと残念。

それと、大きなスーツケースはフロントに置く仕様なので、朝、このフロントで化粧をする女性が何人もいて、それも残念でした。
この日だけなのか?フロントは化粧品の匂いが残っていて、それも残念。

大きな荷物はフロントに置いておいても、お化粧は各部屋でやって欲しいものです。

それと、なんとなーく雑然としたフロントでした。
荷物も自販機もコインランドリーも同じフロアにあるせいでしょうか。

さて、お部屋に入ってみることにします。

3/48

  • ブックマーク

スポンサーリンク