おかげ参りだ、お伊勢さんへの旅 Vol.5

 

上海蟹で厄落としだ!

 

広告

名古屋マリオットアソシアホテル 中華料理「梨杏」

 

このお伊勢さんへの旅は、そもそも災難続きの我が家の厄落としの旅です。

とことん厄を落としますよー

 

前回の旅のレポートは名古屋マリオットアソシアホテルのお部屋探検でした。

おかげ参りだ、お伊勢さんへの旅 Vol.4

 

名古屋マリオットアソシアホテルに泊まるもう一つ楽しみとして、お料理があります。

有名なところでは、フランス料理の「ミクニナゴヤ」です。

しかし、この日は予約で満席。どの時間帯も予約は取れませんでした。

 

そこで予約を取ったのは中華料理「梨杏」。

この時期(10月)上海蟹が入り始めたころです。

この「梨杏」も19:00以降は予約で満席でしたが、かろうじて17:00からの予約が取れました。

 

どちらも人気のレストランなので、早めに予約しないと席は確保できないのだなとしみじみと感じました。

 

18階からの眺めは素晴らしいです。

 

店内のインテリアも落ち着いた雰囲気です。

 

テーブルコーディネイトもセンスが良いです。

ナプキンが蓮の花の様です。

 

お料理

 

「上海蟹ディナー」を事前に予約しておきました。

 

上海蟹は雄と雌と一杯ずつ出してくれます。

蒸す前に見せてくれます。

本物の証のタグも付いています。

走りの頃は雌が美味しく、しばらくして卵を持つようになったら雄の方が美味しいそうです。

 

まずは前菜です。

 

次に、ふかひれの醤油煮込み

梨杏のふかひれは評判が高いらしく、ふかひれだけを単品でオーダーしている人もいました。

 

海老の上海蟹味噌炒め

海老を蟹で炒めるって。。。初めてです。はい。

美味しく無いはずがありません。

北京ダック

 

椅子の後ろの横長のテーブルでで店員さんが目の前で切り分けて、北京ダックを巻いてくれます。

 

そしていよいよメインディッシュの上海蟹が登場です。

陽澄湖産の上海蟹の姿蒸し -雄-

 

北京ダックを巻き巻きしたテーブルで、店員さんが目の前でまるで標本の様に解体してくれます。

 

蟹自体が小ぶりな分、蟹味噌はかなり濃厚でコクがあります。

雌です。

 

こちらも解体されました。

 

お酒が良く合います。

 

締めのご飯です。

上海蟹味噌と干し蛸のリゾットです。

とことん蟹尽くしです。蟹味噌と干し蛸からの出汁がよく効いています。

 

デザートのフルーツ入り杏仁豆腐。

お茶のお供に香港菓子(焼き菓子)もついてきます。

 

大満足なディナーでした。

参考情報

今回食べた上海蟹ディナーは15,000円でした。

かなりのお値段。そう滅多に食べられる金額ではありません。
しかし、雰囲気やお味を気軽に楽しみたい場合は、昼間の3,500円のランチコースがあります。

ディナーもランチもインターネット予約ができます。

http://www.associa.com/nma/restaurant/linka/
大切な人のお誕生日や、記念日のお祝いなどに利用するのはいかがでしょうか。
この後、お部屋に戻ってお風呂に入ったら、バタンキューで眠ってしまいました。

翌日はいよいよ目的の地、伊勢神宮です!

つづく。

広告