ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.4-ファスティングスタート

お部屋の中は、五感が落ち着く環境

広告

お部屋の中探検

この『ホテル クアビオ』は「成人の方向けの食事プログラムとリラクゼーションを目的としておりますので、13歳未満の方のご利用はお断りしております。ご了承ください。」となっています。
とても静かです。
春は鳥のさえずり、夏は虫の音色、秋は風のささやき、冬はしんしんと降り積もる雪の音すら聞こえてきそうです。

お部屋の入るとまず、ウェルカムドリンクとしてハーブティーをスタッフの人が淹れてくれます。
ハーブティーはいくつかある中から、好きな物を選ぶことができます。
加湿器には十分水が満たされていますので、空調によるお肌の乾燥は気になりません。

加湿器の他に、アロマディフューザーが置いてあります。香りも好きな物からアロマオイルを選ぶことができます。
ほどよく加湿されて暖かい部屋、そしてアロマの香りが揃うと、全身の力が抜けて行くのが分かります。

それでも、、、PCは持ってきてしまいました。
左端の黒いケーブルはLANケーブルです。フロントで借りられます。
無線LANはありません。そもそも草津の山の中ですので電波状況はあまり良くないので有線LANで繋ぐのが一番確かです。

パウダールームも広々。ちょっとしたお花が嬉しいです。

お部屋でアンパックが終わる頃のタイミングで、スタッフの方から3日間の食事についての説明があります。
主に人参ジュースの食事となります。
それに、具無し味噌汁と梅干、三年番茶が出されます。

これの他には、夕飯の時にテーブルに水筒に入った 黒糖入り生姜葛湯 を用意してくれます。
食事の後、どうしてもお腹が空いてしまった場合はその葛湯をゆっくりと飲みます。
この葛湯は断って、水筒の中を三年番茶に変更することも出来ます。
私は、最初ここに来た時は葛湯にしましたが、二回目以降は三年番茶に変更してもらいました。

それでもどうしても空腹に耐えられない場合や、低血糖でくらっと来てしまった人は、お部屋に黒糖が用意されています。
これも、最初に来た時はこの黒糖をポリポリ食べてしまったのですが、二回目以降は無くても平気でした。

例えば、自分の家とか、都心のホテルだったら、コンビニエンスストアが近くにありますので、駆け込み寺の様に吸い込まれてしまいます。
しかし、ここは周りは自然しかありませんのでファスティングを挫折する心配が低くなります。

ところで、2階はどうなっているかと言うと、とても天井が高い造りになっています。
天窓の明り取りが2階の部屋に続いていますので、2階の室内は更に明るく開放感があります。。

最初の一食目

そうこうしているうちに、あっという間に17:00です。
パジャマのままで、1階のダイニングルームに行きます。
宿泊者全員パジャマ姿です。

これが1食目です。
人参ジュース 2杯。ゆっくり噛むようにして飲みます。
それと具無しお味噌汁と梅干。三年番茶とお水。
左上にちらっと見えるのが、葛湯 もしくは三年番茶が入った水筒です。

お腹が空いたらどうしよう・・・という心配は実際にはあまり無く、
人参ジュースをゆっくり飲んでいるとこれが結構量があって、お腹が満たされます。
ゆっくり、静かに1日目の夜が更けて行きます。

ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.5-2日目の朝ごはんと露天風呂へつづく
ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.9-草津 ホテル・クアビオでのファスティングまとめ

 

酵素ファスティング研究委員会
キラジェンヌ
売り上げランキング: 28,292

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告