ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.5-2日目の朝ごはんと露天風呂

眺めの良い朝

広告

二日目の朝ごはん

一日目の夜は、露天風呂に入りその後は、部屋に籠っていました。
丁度2013年の暮れだったこともあり、2014年をどう過ごしたいか?をPCに向かって考えていました。
時々フェイスブックにログインしていて、季節柄忘年会の様子や美味しそうな食事の写真などがニュースフィードにたくさん流れていましたが、ここは山の中。
PCを通してみるそれらは、まったく別世界の異次元の様に見えて不思議と空腹感は感じませんでした。

アロマオイルの香りがやさしく漂い、暖房が良く効いていて程よく加湿されている部屋で、PCから静かに流れるJazzを効いていたら知らない間に眠りに落ちていました。

さて、目が覚めたら朝ごはんが待ち遠しいです。
雪の積もった景色が全面に見える、見晴らしの良いダイニングルームに
6:00になったら向います。

これが二日目の朝ごはんです。
人参ジュース二杯にレモンを絞って入れます。
人参ジュースをゆっくり、少しずつ時間をかけて噛むように飲みます。
景色を楽しみながらゆっくりと。

人参ジュースの他には三年番茶と梅干が出ます。
私は酸っぱいのが少し苦手なので、三年番茶の中に梅干を入れて飲んでみました。

ファスティング中の過ごし方

ファスティング中の過ごし方としては、リラックスするのが一番だと思います。
激しい運動よりも軽度の運動です。
軽度の運動はよく勧められますが、ファスティングに慣れていない場合や、
空腹での運動に不安のある人は無理に運動しないで、本を読んでのんびり過ごすのが良いと思います。

私の場合、一日目の夜あたりから、二日目いっぱいにかけて、代謝が、特に排泄機能が高まるみたいで、トイレに行く回数が増えます。
「私、こんなに水分摂ってたかしら?」と不思議になるぐらい出ます。
尿だけではありません。便通も次第に回数が増えてきます。かと言って軟便ではありません。
つまり、下痢をしているわけではありません。
お部屋にはミネラルウオーター、電気ポットがありますし、ハーブティーも用意されています。
出る分、こまめに水分は補給します。

また、女性には「朝ごはんを食べないと、便通が悪くなる。食べないと押し出されない。」とおっしゃる方がいますが、
それって・・・つまり・・・常に胃から大腸にかけてご飯と具が詰まったイカ飯状態なの???と疑問に感じます。
胃や腸に刺激を与えて、排泄活動を促したいというのであれば、朝からどっさり食べなくても、食物繊維のたくさん入った人参ジュースやグリーンスムージーで良いと思います。

また、フルーツを摂ることでも十分機能は果たせると思います。
Yogaでは”朝は排泄の時間”と言われています。
午前中に固形物を控える事によって体内に残った食物や排泄物を出し切る時間にしてみると、少しずつ内臓が休まって機能アップしてくるのだと思います。

さて、朝ごはんが終わったら朝風呂です。
草津は温泉が有名な土地柄です。
このクアビオでも、とても見晴らしの良い露天風呂があります。
ガラスがありません。そう、露天風呂というよりも半露天風呂と言った方が良いでしょう。
屋内なのですが、ガラスの仕切りが無いのです。
ここから見る雪景色や、草津の山々の素晴らしいこと。
そして、丁度左手あたりから朝日が昇るところが見られます。

湯船は、手前のエリアが、座ると丁度首辺りまで浸かる事が出来る深さの湯船です。
左手が浅くなっていて、木製の枕が置いてあり寝湯と言って寝転がって浸かることができます。

景色を背にしたところには、フィンランド式サウナもあります。
ここはお風呂からの景色がほんとうにおすすめです。
一日お風呂に居ても飽きないぐらいです。

ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.6-草津 ホテル・クアビオでのファスティング中の過ごし方へつづく
ファスティングの旅 -2泊3日断食 Vol.9-草津 ホテル・クアビオでのファスティングまとめ

酵素ファスティング研究委員会
キラジェンヌ
売り上げランキング: 28,292

広告