梅雨入りした雨の中、やっと個人カードが受け取れて、夜は豆板醤仕込みクラスを開催した日:日記 2018/6/6

2018年6月6日に東京は梅雨入りしました。
雨の中、松葉杖で移動するのはなかなかに大変です。

広告

梅雨の時期は地味に忙しい

朝からデスクワークに勤しみました。
大抵、8:00ごろから遅くとも9:00にはPCに向かいデスクワークをスタートしています。
(デスクワークをスタートする時は、たいていブラーバに掃除してもらってます。)

前日、区の事務所にずっと受け取れ無いでいた「個人カード」を取りに行く予約をしていたが、時間に間に合わず取りに行けなかったので、事務所がオープンしたらすぐに電話をして、今日取りに行っても良いですか?と聞いてみました。
すると「大丈夫です」とのこと。
お役所仕事だから断られるのか?とダメ元でしたがOKが出たのでありがたいです。

この日から梅雨入りして、一日中雨。
松葉杖なので少し遅めに行くことを伝えて電話を切り、iPhoneのアラームをセットし、それまで再びデスクワークに没頭することに。

こなしたタスク管理メモを見て振り返ってみると、意外とこなせていました。
頑張ったな、私。

区の柔軟な対応に感謝

今更、個人カードを取りに行くというのも皮肉なものです。

怪我をしていない時は「忙しい」の一点張りで、後回しにし過ぎていましたが、骨折して行動範囲が狭まると、やっと取りに行けるというパラドックス。

少し余裕を見て家を出て、雨の中区の事務所に向かいました。
そしてまたもや「今更」的な、おっちょこちょいをしでかしてしまったのです。
葛飾区に住み始めて、約20年ずーっと「高砂事務所」と思っていたのは「柴又事務所」だったのですよ。

せっかく、えっちらおっちらと足を引きずって行ったのは柴又事務所だと言うことに、柴又事務所の前の看板を見て気付き、そこから再び高砂事務所へ行き直し。
結局、家から高砂事務所へ行く距離二往復した分歩く羽目に。
雨の中、これは凹むなぁ。
そのせいで、余裕を持って家を出だのだけど遅刻する羽目に。

遅刻したのに、高砂事務所の担当の人は快く対応してくれたのはありがたかったです。

ようやく窓口で手続きを始めたところ、個人ナンバー通知カードを忘れた事に気づく。。。
再び凹むなぁ〜。
しかし区の人の機転で、とある一枚書類を書くことでどうにか対処してもらえました。
※詳しい内容は敢えて伏せます。

長時間、雨の中を歩き続けた後の神対応には、涙が出そうなほどありがたかったです。
そして、何ヶ月も先送りしていたタスクがようやくDONE

イトーヨーカドー・ネットスーパーをリピート

個人カードを受け取った後ぐったりと疲れたので、お昼ご飯は外で済ませようかと思ったのですが、早く帰らないとイトーヨーカドー・ネットスーパーの受け取り時間に間に合わない事に気付き、まっすぐ帰宅。
家に帰り着替えたところで、届けてもらえた。
ほんとうにありがたいシステム。

デスクワークと家事を終わらせてキッチンスタジオに向かう

午後からは、洗濯、掃除、昼ごはんの支度と一緒に晩ごはんの支度もやり、再びデスクワーク。

デスクワークも、後回しに後回しにしていたタスクに少しずつ着手。

その後、夜の豆板醤仕込みクラスのためにキッチンスタジオへ向かう

豆板醤仕込みクラス

夜は豆板醤仕込みクラスを開催するので、キッチンスタジオに向かいました。

雨が一日中降るという天気予報のおかけで、前日の晴れている内に必要な物は買い出しに行っていたので、昨日の自分を心の中で褒めてみました!

豆板醤仕込みクラスは、参加者も少ないし、友達なので、ゆっくり・のんびり・マッタリと進められて、足の不自由な自分には助かる上に”誰かとおしゃべりしながら”という作業に癒されました。

そんな時に!豆板醤仕込みクラスの最中に、いきなり見知らぬ人がキッチンスタジオに入ってきてビックリ(笑笑笑

もしや?と思い「エステの方ですか?」と聞いたらビンゴ!
隣のエステサロンのお客が間違って入って来た様子(笑笑笑

突然のハプニングに笑うしかない。

静かに1日が終わる

豆板醤仕込みクラスは、予定より40分も早く終わり、おかげで後片付けも早く終わりました。

ついでに、梅のアク抜きを仕込んで帰宅。

一日中雨でしたが、振り返ってみると、静かにいろいろやれてたくさんタスクがこなせていた日となりました。

それと、なんと言っても、いろんな人に助けられているからこそ、快適に過ごせた日でした。

【Special thanks】
・柔軟に対応してくれた区の事務所の人
・重たい食材を運んでくれたイトーヨーカドー・ネットスーパー
・豆板醤仕込みクラスに来てくれて、仕込みながらおしゃべりに花が咲いた友人
・豆板醤仕込みクラスの前に、重い荷物を移動するのに手伝いに来てくれた、ものくろ師匠

  • ブックマーク

スポンサーリンク