愛媛 松山 道後温泉まで行かなくても温泉が楽しめるホテル「ドーミーイン 天然温泉 石手の湯」

愛媛 松山へ旅をして来ました。
松山と言えば「道後温泉」です。
少しだけ市街地より外れているため、道後温泉まで行かなくても温泉が楽しめる「ドーミーイン 石手の湯」に泊まりました。

広告

アクセスが良い大街道入り口にあるホテル

松山のドーミーイン 石手の湯の良い点は、まずはアクセスです。
松山空港からはリムジンバスで、ホテルすぐ近くの大街道入り口まで直行で行けます。

「大街道」とは、松山市で一番の繁華街となります。
こちらの記事に書いている「SOHSOH」も大街道 ロープウェイ通り。

愛媛に来たなら是非食べて欲しい”宇和島の鯛めし”で有名な名店「丸水」もすぐ近く、大街道 ロープウェイ通り。

この大街道から道後温泉へも約15分で。
松山市駅と呼ばれている伊予鉄道のターミナル駅へも数分で。
JR松山駅へも10分ほどで。
路面電車で乗り換え無しで行ける位置にあるのが「大街道」です。

松山を楽しむにはとても立地条件が良い場所にあります。

宿泊者でなくても楽しめる足湯


▲ホテル入り口に足湯

ホテルの入り口には足湯があり、宿泊者でも宿泊者で無くても楽しめます。


▲温泉の街ならではホテルの粋な計らい

2017年12月にオープンしたホテル

このドーミーイン 石手の湯は、2017年12月にオープンしており、私が宿泊した日はオープンして半年も経っていないため、施設全体が綺麗でした。

実は、2018年2月にも泊まっており、綺麗で温泉があることから、今回もリピートです。


▲ロビーも清潔感か溢れています。

室内や設備は他のドーミーインと仕様が同じ

ドーミーインはチェーン店のため、他のドーミーインと部屋の仕様と設備はほぼ同じです。

最上階に温泉。
21:30から「夜鳴きそば」サービスあり
など

▼仕様は金沢のドーミーインの記事をご参照ください。

ご当地モーニング

ドーミーインの楽しみは「ご当地モーニング」です。
朝食に、その土地の名産や名物が楽しめます。

金沢ならカニ食べ放題
甲府ならほうとう
そして、ここ愛媛のドーミーインは宇和島の鯛めしと、鯛のムニエル


▲宇和島の鯛めしとは、鯛のお刺身を特製のタレと卵で卵かけ御飯にする食べ方です。

愛媛の「鯛めし」には2種類あり、
「松山から瀬戸内海にかけて」の鯛めしは、鯛とご飯を一緒に炊く、炊き込みご飯です。
「宇和島」の鯛めしは、お刺身のままTKGにする食べ方です。

これは愛媛に来たなら是非食べて欲しい名物です。

その他

ドーミーイン 石手の湯の良いところは、温泉と立地です。

すぐ近くは、本屋、コンビニ、飲み屋、衣料品店などほとんどの物が揃っています。
また、愛媛のカープファンの聖地と呼ばれるお好み焼き屋もあり、なにかと楽しめます。

それでいて、宿泊料金は7,000〜11,000円ぐらい。

もうすっかりドーミーインファンです。


スポンサーリンク