江戸情緒の溢れるおでん屋

旅の記録の途中だが、また行きたい!と思えるおでん屋に出会ったので、備忘録として記録する。

日本橋 割烹 安兵衛
2013.12.06
日本橋に所用があり、朝から銀座線 三越前駅の真上にある、三井タワービルに行っていた。
平日昼間に日本橋に来ることはそうそう無いので、どこでランチを食べようか心トキメク。

日本橋界隈は、いまや再開発の嵐で、あちらこちらが工事中。
昔ながらの老舗や、ちょっとした飲み屋などはどんどんテナントに入ってしまったり、店を閉じてしまい、
表向きは三井系のビルか三菱系のビルかに塗り替えられていっている。

そういう理由から、日本橋に行った際には、取り壊されずビルの谷間に頑固に頑張っているお店を探すようにしている。
このお店もそのひとつ。

ビルの谷間に残って頑なに店を守っている。
日本橋界隈のサラリーマンには憩いの場のかも、と思うぐらいにサラリーマンがどんどん店に入っていく。
「割烹」と銘打っているが、中に入ってみるとおでんをメインに出している気さくな店だった。


カウンター席に座ってみた。
カウンターの中にはおでんが美味しそうに煮えている。カウンターの手前にはテーブル席も数席あり、奥には小あがりもある。小あがりには神棚があり、いかにも老舗の雰囲気で、まるで宮部みゆきの時代物の小説に出てきそうな店である。

二階席もあり、おそらく宴会は二階で出来るのであろう。

そして、この日頂いたのは週替わりの「すき焼き定食」 830円也

おでんにも惹かれたが、肉の魅力に負けてしまったw
次は夜、おでんを食べに来てみたいと思った。

割烹 安兵衛 東京都中央区日本橋室町3-2-13
03-3241-2855

 

広告