東京 虎ノ門ヒルズ 熟成肉の但馬屋で旨味たっぷりのお肉

肉です。今日はお肉の話しです。
2015年11月。少し遅いお誕生日祝いに虎ノ門ヒルズの但馬屋にドライエイジングのお肉を食べに連れて行ってもらいました。

去年のお正月に初めてドライエイジングのお肉を食べに行ってから、機会があるとお店を探しに行ってはお肉を楽しんでいます。

初めての エイジングビーフ 『京都 听』‏ | さゆりっぷ

広告

ドライエイジングとは

食肉を保存して熟成したものです。
この時に水分が多かったり高温だった場合は腐ってしまいます。逆に低温過ぎると凍ってしまって肉質が落ちてしまいます。
腐らせない様に適度に乾燥させ温度管理をし、45日ほどの時間をかけて熟成していきます。
熟成することによって、アミノ酸やペプチドが出て肉の旨味を増します。また、肉が持つ酵素の働きで肉の繊維質を分解するそうで、お肉の柔らかさも増すのだそうです。

虎ノ門ヒルズ 但馬屋

ようやくこの熟成肉を取り扱うお店が増えてきていて、2014年6月11日にオープンした、虎ノ門ヒルズにある但馬屋も熟成肉が食べれるお店の一つです。

熟成肉専門 但馬屋 虎ノ門|コンセプト

名物のTボーンステーキ

コースにしようか?アラカルトにしようか?迷っていました。
前日、ものくろキャンプの東京忘年会で前日よりたくさん食べていたこともあり、アラカルトにしてみました。

少しお疲れだったので、ノンアルコールのワインで乾杯。少々甘めです。

まずはグリーンサラダ。800円

こんな箱が・・・

開けてみると焼きたてなのか、温めたのか、ホカホカのパンが入っています。
これはオーダーしたパンです。
しかし、パンはオーダーしなくても良いです。なぜなら最後にお肉を注文すればご飯が付いてくるからです。
それを知っていれば、、、いや教えてくれても良いのに、、、と少々恨めしい気持ちになりました。
だって、最後に出てきたご飯のお米が新米なのか水分をよく吸った滋味のあるおいしさだったからです。両方食べちゃったじゃない。

牛肉の燻製三種盛 1,400円

そして!メインディッシュのTボーンステーキですっ! 800g 20,000円
T字の骨が着いたままのステーキをTボーンステーキと言い、サーロインとテンダーロインと両方が味わえる1つで二度おいしいステーキです。
これは一人では無理なのでぜひシェアして食べてくださいねー。

お醤油のムースが一緒に出されるので、このムースを少しずつお肉に乗せて食べます。

最後に紅茶を頂いて終わり。
うんうん、アラカルトにして正解。これにスープとか前菜、魚料理とかは入らなかったかも。十分にボリューム満点なメニューです。

現代の食事メニューはタンパク質が足りていないと聞きます。
特別な日に美味しいお肉をリクエストして、タンパク質補給です。
だって、お誕生日なんですもーん!

お節料理に飽きたら、お肉ですよ肉肉肉!

近江牛熟成肉(ロース)ステーキ 200g(1枚)

近江牛熟成肉(ロース)ステーキ 200g(1枚)
価格:3,888円(税込、送料別)

広告