下町のキッチン 浅草 ヨシカミ 「うますぎて申し訳ないス!」

浅草と言ったらココでしょう!

広告

浅草でホッとする味の店といえば、ヨシカミ

我が家は下町浅草からそう遠くないという場所柄。
週末のお昼ご飯や晩ご飯をちょっと浅草で食べようという事になります。
そこで、我が家の定番中の定番のお店がここ。
ヨシカミ」もう鉄板中の鉄板ですね(笑)
銀座線浅草駅、都営浅草線浅草駅で降り、浅草ROXを目指します。
ROXのすぐ手前にあります。
定番のキャッチコピー「うますぎて申し訳ないス!」(笑
・住所   東京都台東区浅草1-41-4 六区ブロードウェイ
      Tel:03-3841-1802
・営業時間 AM11:45~PM10:30(L.O=PM10:00)
・定休日  毎週木曜日
・アクセス 東武伊勢崎線浅草駅東口浅草寺側出口より徒歩5分
東京都台東区浅草1-41-4
ここの庶民的な味の洋食が美味しいのなんのって。

とある休日のメニュー

この日は、法事の帰りにちょっと早い晩ご飯を食べようという事になり、
そこで家族こぞって浅草ヨシカミへ行くことになりました。
ヨシカミは、店内に入ると正面にテーブル席とカウンター席があり、
さらに奥にもテーブル席があります。
座る席のお勧めは何と言ってもカウンター席です。
ここでは、ジャッジャッを言わせて手際よくフライパンを奮っているコックさんのお仕事っぷりを間近で見ることができます。
この日は、カウンター席はいっぱいで、奥の席に案内されました。
まず我が家では、必ずオーダーするのがこれ『カニサラダ』1,500円
うわっと思う強気なお値段ですが、カニ缶の身が1缶まるまる入っています。
一人では食べきれないのでシェアして食べるのをお勧めします。(お値段的にもねっ) 
これが『カニコロッケ』です。1,450円
カニサラダの方が高いのです。なのでカニサラダのカニの盛りっぷりは半端では無いということです。
ライス、パンは別オーダーとなります。
これは『ポークソテー』1,450円
やっぱりカニサラダの方が高いwww
お肉の厚さは1センチとまではいきませんが、それに近いぶ厚さです。
これも、ライス、パンは別オーダーとなります。
これが『エマンセステーキ』2,250円
牛ヒレ肉(120グラム)のステーキです。
 これが『エビ入りヤキメシ』1,300円
ぷりぷりなエビたっぷりです。
これが『ヒレひとぐちカツ』1,550円
やわらかいヒレ肉がジュージーに揚がっています。ソースが特製ソースになっています。
 

さらにお得なメニューは・・・

どれを食べてもおいしいですのでどれを食べようかとても迷います。
そんなあなたにピッタリんなのが、『たっぷりランチ』
単品で注文するとそれなりなお値段がしますが、それなのにそれなのに2品ついていて1,750円なのです。
2種類も楽しめます。
ランチ限定なので開店時間の11:45から食べられます。
しかしですね、開店前にお店の前に並んでいる人が狙っているのは、ここの一番人気の数量限定のハヤシライスなんですよー。
人気すぎて売り切れになる場合が多いとか。
私も今まで一度しか食べたことがありません。
ハヤシライスがまだオーダー出来るのであれば、まずはハヤシライスをお勧めします。
 

 浅草観光、初詣の帰りに

そろそろ年末年始の足音が聞こえ始めてきました。
大晦日からの二年詣出、元旦の初詣をどこにしようか?迷っている方は浅草詣もなかなか良いですよ。
浅草寺の帰りに、ヨシカミに立ち寄れば、お正月限定のマッチのプレゼントもあります。
たかがマッチ、されどマッチ。
このマッチは毎年デザインが変わるのです。本格的な日本髪を結った女将さんが”2015年ならでは”のマッチをプレゼントしてくれるので、それも楽しみです!
高橋 美江
新宿書房
売り上げランキング: 480,766
三浦 展
朝日新聞出版
売り上げランキング: 153,133
昭文社 (2013-08-22)
売り上げランキング: 555,805

広告