東京 蔵前 オトナカワイイ カフェ『CAMERA』 とは”小さい部屋”

東京 イーストサイド 蔵前には、続々とカワイイカフェがオープンしています。
カフェ巡りするのも楽しくなってきます。

その中でも、白壁の内装がさわやかなカフェ『CAMERA』に行ってきました。

広告

CAMERAの意味

お店の名前は『CAMERA』
えっ!?写真を撮るあのカメラのことなのかな?と思ってお店に入ってみました。
しかし、店内にはカメラも写真関連のグッズも全く置いてなく、頭の中は???だらけになりました。

店内は革小物が展示されていて、販売もしています。

なぜカメラ?と思って、お店のサイトに行ってみたところ、『CAMERA』とは、ラテン語で『小さい部屋』という意味だそうです。
へーーー!驚きです。

「小さい部屋」がなぜ写真を撮る機械の意味になったのかというと、
「小さい部屋」だったのが、やがて「政治や財政を司る部屋(官房・国庫)」に変化し、英語では「暗室」の意味となり、現在の写真機のカメラとなったそうです。

そんなトリビア的な店名をもつこのカフェ。そんな七面倒くさいことは置いておいて、店内は白壁の明るいさわやかな店内でした。

こんな白いガチャガチャも置いてあったり、なかなか遊び心が溢れています。

オーダーをしてみる

日曜日の16:00ごろ入店してみました。
日曜日でかつ少し暑い日だったため、浅草・蔵前界隈を散歩に来ていた人たちのオアシスとなっていた様で、それなりに混んでいました。
自分はすぐに席に座れましたが、常に2~3人ウェイティングしている感じの混み具合でした。


キャロットケーキ 350円


コーヒー 380円

ここまで注文して、なんだか塩っぱいものが食べたくなり・・・


ポテトチップス


ジンジャージュース 300円

焼き菓子やトーストなどの軽食がメインです。
すべてテイクアウトできますので、このカフェの近辺では、ポテトチップスとドリンクを持って歩いている人たちも見かけました。

しかし・・・ちょっと食べ過ぎですね(苦笑

お店の情報

住所:〒111-0051
東京都台東区蔵前4丁目21−8 岡松ビル1F
電話:03-5825-4170
サイト:http://camera1010.tokyo
営業時間:11:00-18:00
定休日:月曜

閉まるのが早いので、会社帰りというよりも休日にちょっと立ち寄るのに良いお店です。

サイトの写真にあるように、店員さんが美人揃いです。

CAMERA 蔵前のカフェ+イベントスペース

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告