ザ!断食道場 今度は9日間だよ!-6日目-その2

こんな極楽でええんかいな?

6日目はあまりにも盛りだくさんなので、2回に分けて書いています。

広告

日の出後からフルスロットルで活動

断食も6日目、全く食事を摂らなくなって5日も経つと、食べない事が当たり前過ぎて、だんだん行動の幅も広がってきます。
激しい運動さえしなければ、断食道場生活もめっちゃ楽しいです!

朝日の出前から、信貴山 朝護孫子寺へ護摩焚き法要に行ったあとは、自分の部屋に戻って、叔母の告別式の準備です。

前日、外出した際に梅田の阪急デパートで黒のカットソーブラウスと黒のスカート、黒のストッキングを(現金は5,000円しかないので)カードで購入しました。
急場しのぎの、喪服の代わりです。
運よく、今はサマーバーゲンが始まったばかりで、良い品物が安く買えました。

7:20には断食道場を出て、信貴山の山を下りる7:48発のバスに乗ります。
それから叔母の家に着いたのが、9:45。
通勤ラッシュに揺られながら移動。一週間近く関西にいるので、なんだか暮らしている感覚も生まれてきます(笑
しかし、結構かかりました、移動時間。

告別式は10:00でしたが、すでにお坊さんは到着していて、今にも読経が始まろうとしたところにギリギリセーフ。
その後、葬儀やら火葬場へ同行やら、ご近所さんやらお世話になった方々へのお礼周りやら。
叔父が亡くなっているので、一人っ子の従兄弟一人ではなかなか手が回りません。そこは親戚同士助け合いです。

なんだかんだと一連の儀式が終わったのが14:30。
それから、みんなで精進落しとして食事に行こう!という事になりましたが、私は断食中の身なので丁重にお断りして、断食道場へ引き返しました。

16:00が夕ごはん(出汁カタクリ)の時間なのでそれまでには戻らなくてはなりません。
朝ごはん(具無しお味噌汁)は時間の関係で抜いていますので、せめて夕ごはんぐらいは摂りたいと思い道場で帰ります。
この頃には、電車からバスに乗り換えるJR王寺駅に着くと「あぁ、帰ってきた」という気持ちになっていたのが、自分の順応性の高さに笑ってしまいました。

頑張った自分へのご褒美

叔母を最期までお見送りできて、断食道場へ戻ってきて、16:00夕ごはんにはぎりぎり間に合いました。
食事が終わった後はもう何もやる事がありません。

2日に1回しかお風呂に入れませんから、更にやる事がありません。
しかし、朝から護摩焚き、その後葬儀に参列と、全身からお線香の匂いがすっかり沁みついてしまっています。

そこで、断食道場仲間から素晴らしい情報をGet!!!
歩いて3分のところに「信貴山観光ホテル」があるのです。
そこは日帰り露天風呂もあります!!!!!!!!!!!!!!!!

うっひゃーーーーー!

もちろん『お金』が無いと入れませんよ。
断食道場のみんなはお金は全部道場へ預けています。
「日帰り露天風呂に行きたいのでお金を出してください」と言っても、「指定日以外の入浴は禁止です」と断られます。
実際、断られていた人を目の前でみましたー。

手元には、お通夜・告別式に出席するために5,000円だけあります。
この2日間で使ったお金は、往復のバス代 信貴山大橋~王寺 360円×往復 720円。
これを2日分。1,440円使いました。
あとの電車代はPASMOが使えますので現金は不要です。
2日間でミネラルウオーター110円を4回買いました。110円×4本 440円
つまり、5,000円のうち使ったのは、1,880円です。残金3,120円

きっとこれは、きっとこれは、最期まで見送った叔母からのプレゼントかも!?
はたまた!今朝見た、龍の雲 吉兆 か?!

これを見逃すことはないだろーーーーー!
心は一つ、迷う事はありません。温泉へGo!です。

Happy Hour!

いやぁー極楽♪極楽♪

通常、信貴山観光ホテルの日帰り露天風呂は1,000円です。
お風呂だけ利用することはできません。喫茶店かレストランを利用することが前提です。
フロントで1,000円を払った後、お風呂に入ります。
お風呂の後に、喫茶店で一番安い500円のアイスティーかアイスコーヒーを飲み、レシートを貰います。
帰り際にそのレシートをフロントへ提出すると、200円のキャッシュバックがあります。
・・・てな、結構めんどくさいシステムです。
全部で1,300円がかかる訳です。

しかし「断食道場から来ました」というと、喫茶店やレストランを利用しないでも、最初から800円支払うだけ+スマイル0円も漏れなく付いてきます。

これが、信貴山観光ホテルの喫茶店からの眺めです。
これだけでも眼福です。

清々しい夏山が眼下に広がります。
春から夏そして秋にかけてが一番良い季節なのではと思います。

フロントでお金を支払った後は、エレベーターで地下三階の大浴場まで降ります。
断食道場に居る間、こっそり2回この温泉に来ましたが、何時間いても、いつ来ても誰かに出くわした事は一度もありませんでした。
(経営大丈夫か?いやいやハイシーズンはこれからなんだそうなのできっと大丈夫!)

こっそりiPhoneで撮影。
夕方17:00~陽が沈むまでが、刻々と変わる夕焼けが見られて一番贅沢な時間だと思います。
ちなみに、日帰り露天風呂は11:00~20:00までの利用となります。

セクシーショットもあったりして(笑

夕陽を眺めながらの、至福の時間となりました。
信貴山へお越しの際は、この日帰り露天風呂は要チェックです。
※日帰り露天風呂利用者用のタオルはありませんので、用意が必要です。
その他のシャンプー・リンス・ボディシャンプー・メイク落とし・化粧水・乳液・ドライヤーは揃っています。

信貴山観光ホテル

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告