旅の空の下から -セドナ編③- 羽田からフェニックスへ 

いざTake Off!

さて、出発当日。
今までほとんどの海外への出発は成田だった。今回は初の羽田出発。

22:30にデルタ航空のカウンターチェックイン予定、00:30にDL580で出発予定だった。
そう、予定はそうだったが、チェックインした時点でデルタのグランドホステスから、「予定の便は、まだ日本に到着していないので、機材の都合で出発が3:00に変更になりました」と言われた。

ぬゎに?
羽田を出発してシアトルに行き、シアトルから国内線にトランジットして、アラスカ航空でフェニックスまで飛ぶ予定だが、乗換時間は1時間45分しか無いのだよ。
入国審査もあるので、これじゃあ絶対に乗継便に間に合わないコト決定。

そこで急遽、羽田-シアトル-フェニックス を 定刻出発予定のDL636便で羽田-ロスアンゼルス-フェニックス へ変更。
変更前:DL580 羽田発 00:30  -  シアトル着 17:32
AS630  シアトル発 19:15  -  フェニックス着 22:03
変更後:DL636 羽田発 01:00  -  ロスアンゼルス着 19:25
DL4640  ロスアンゼルス発 20:55  -  フェニックス着 22:15

前日というか当日にロスアンゼルス空港内で銃撃があり、人が死んだばかりなんだよなー(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/11/02/kiji/K20131102006931020.html
とちらっと頭の中をニュースが駆け巡りながらも、そうでもしないと行けないと、さっさと決めて変更してもらったw

手続きを終え、出発まで羽田空港内のカフェで一休みしようと思った。
しかし、遅い時間なのでショップはすべてClose。食事ができるところはすき焼き屋とかとんかつ屋とかガッツリ系のところばっかり。
そこで唯一23:00まで空いている3Fにあるプロントを発見。とりあえず、ここで23:00までくつろぎ、その後両替のためにみずほ銀行の窓口に行く。
この日のレートは1ドル100.6円
$20 — 15
$10 —  8
$1 —  17
と言う感じで、両替。こんなに要らなかったかも?と思いつつも用心のために。

さて、またこの後もひと波乱。ヒィー
ロサンゼルスに到着した時には、Express Connectionカード(税関を優先的に受けられるファストパス)を受取忘れ、中国人観光客が半端なくいて、恐ろしく待たされた途中でどうにかECカードを入手し、ガンガン入国待ちの人たちを追い抜き、どうにか乗継1時間半内でトランジット成功。
国際線の到着ロビーから、国内線の出発ロビーまでどえらく遠くスーツケースをガラガラ引っ張りながら、空港内を疾走!!!走る走る走る。
怖いとか危険とかそんなことカンケーないね。
せっかく便を変更したのにこんなところで乗り遅れるわけにはいかない!という一心で夜の空港をひた走った。
ヒィーε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

とにもかくにも、無事ジャンプイン!

 

・・・

無事、フェニックスに到着しました。
しかし、便名変更したことを旅行会社に連絡していないし、、、
後から聞いたのですが、こういう場合は羽田でデルタ航空がツアー会社へ連絡を入れていくれるのが通常パターンらしいが、それも無かった。

むぅーん(T^T)当たり前だが、迎えに来るはずの現地担当がいない。それらしき人もいない。
ま、予想はしていたので、さっさとタクシーに乗って最初の宿のシェラトン・フェニックス・エアポート・テンペへ移動。
ホテルの名前に「エアポート」ってついているけど、日本人感覚から言うとどえらく空港から離れていたw
んで、後から聞いたのだけど、フェニックスは”超”がつくぐらい治安が悪いらしいので、”いかにも”な観光客が夜にタクシーで移動っていうのはかなり、デンジャラスでチャレンジャーな行動だったらしい。
しかし、タクシードライバーはギャグ好きな気の良いおっちゃんだったヨ

 
旅の空の下から -セドナ編④- フェニックスからセドナへへつづく
アメリカ大陸の自然を満喫 セドナの旅まとめ

広告