旅の空の下から -セドナ編㊷-セドナからシアトルへ

シアトルは雨

フェニックスから飛び、眼下にグランド・キャニオンを見下ろし、ずーっと赤茶けた大地を見ていたが、
果てしなく広い赤い大地からズボッと雲の中を飛んでいた。

雲を抜けたら、雨のシアトルが見えてきた。

シアトルでは、トランジットまで6時間あるので、旅行前の予定では市街地をブラブラと観光する予定だったが、ザーザーと本降りの雨である。
傘をさして出かけるにはかなり萎えるほどの降り様。諦めて、空港内をブラブラ。
空港内を探索して、家族と自分以外にはお土産を買っていなかったので職場の人達のお土産を物色し、食事を摂る事にした。

まず、空港内を探索。
最近どこの空港でもそうだが、壁の下の方に電源コンセントがあるので床に座り込んでコンセントを刺してネットに繋いでいる若者を多数見かける。
特にシアトル空港は、5mぐらいおきにコンセントがあるので、5mおきに若い男女が座り込んでいる風景となる。

上の写真は、空港内を走る電車。
ドアの上に路線図が見える。右側のエリアが北サテライト。ここにアラスカ航空(国内線)が到着。
左側が南サテライト。これから乗るデルタ航空(国際線)がある。
電車はすべて左回りでしか走っていないので、すぐ右隣の駅に行くのに、ぐるっと回って行く必要がある。
たとえば、北サテライトから南サテライトに行くには、2駅乗って南北をつないているシャトル便に乗換え、さらに1駅乗ることになる。
駅数はそんなに無いが、ちょっと厄介な乗継である。

スタバはもちろん、唸るぐらいにいっぱいあった。
スタバと同じく、そこかしこにあるのがシアトルベストコーヒー。
写真を撮ったがピンボケだったので(^^;アップはやめておく。

お土産については、DFSがいくつかあるけれど規模が小さく品数も少ない。
シドニーやケアンズ、グアム、シンガポールなどにあるDFSに比べると”売店”レベル。
それでも、一応冷やかしに入ってみると必ず「Are you Chinese?」と聞かれる。いまや中国人は世界的お金持ちなんだなぁ。店員の名札を見てみると中国語対応もできる様に店員も中国人だった。

結局、売店でチョコクランチを職場の人達に買った。
しかし、”〇〇個入り”と、数の表記が無いし、あっても重さ表記なので、足りるか足りないかは目分量でしか無いw
そのせいか、ついつい大目に買ってしまった(^^;

探索も終わり、お土産も買ったので、美味しそうなレストランを探して腹ごしらえだ。

旅の空の下から -セドナ編 43 シアトル空港でシーフードを食べる「ANTHONE’S RETAURANTS」へつづく
アメリカ大陸の自然を満喫 セドナの旅まとめ

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告