宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.4 京都 先斗町の川床でお食事

京都の夏の風物詩。川床でお食事

広告

先斗町の川床を愉しむ

祇園と言えば先斗町。
夏の京都と言えば、川床。
鴨川沿いの料理屋やカフェが、川沿いに納涼床をつくり、涼しさを演出してくれます。

ちなみに、川床にも種類があって、
鴨川沿いに出しているのは、京都府鴨川条例により「鴨川納涼床」と言うそうです。
正しくは、貴船口駅から貴船神社にかけて、川の上に床を作っているのを「川床」と呼ぶそうです。

京都在住のそーちゃんが、納涼床でお料理を楽しめるお店を予約してくれていました。
先斗町に入ると、17:00前ともなると美味しいお店を探して人出も多いです。
そーちゃんの話しによると、先斗町のお店はどこも外れは無い(少ない)そうです。
ただ、値段の差が大きいので、飛び込みでいざ入ってみるとお値段にビックリという事もあるそうなので、そこは注意が必要だとのこと。

その先斗町の通り沿いにある「すい月」がこの日のお食事のお店

この川床。
本当に涼しいんです。
水辺が近いせいでしょうか?

川床料理 を愉しむ

これから、「川床限定コース」6,890円を堪能します。

まずは、乾杯!
ノンアルコールビールも用意されていますw

先出し
なんと、枝豆が皮ごと味付けて煮てありました。
しかし、皮は食べないようです。
試しに皮ごと食べてみた猛者がいましたが、敗退しました。。。

夏の京都と言ったら、これでしょう。
鱧です。

鱧の次は鮎です。
手前の山桃の実が、懐かしい味がしました。

湯葉豆腐
薄味に煮てあり、なんとも上品な味がします。

そして、コース料理には付き物の天ぷら

これは京都名物、魚そうめん
上質の白身を細く面状にして湯がいたもの。
するりとして口当たりが良いです。

これも京都名物、じゃこ山椒がかかったご飯と、京都のお漬物。
何から何まで丁寧に京都名物でもてなしてくれます。

最後のデザートは、西瓜と抹茶のババロア。
口の中がさっぱりとリフレッシュされます。

すっかりお腹がいっぱいになりました。
この日の夜は宿坊に泊まるため門限までに、宿坊へ行かなければなりません。

さてと、行きますか。

宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.5 京都 先斗町の川床から宿坊へ向かうつづく
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.15 -まとめ-

 

 

昭文社
昭文社 (2014-05-27)
売り上げランキング: 3,697

 

 


&

広告




CATEGORY :