宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.15 -まとめ-

宿坊の食事は、想像以上に美味しい。

広告

旅の記事一覧

今回の京都への旅の記事を一覧にまとめてみました。

【出発編】
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.1 新幹線予約に便利なイーエクスプレスで京都に行く

【祇園祭り編】
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.2 祇園祭り 後祭りの引き回し
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.3 150年ぶりに復活した大船鉾と錦小路散策
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.14 祇園祭りのちまき

【美味しいもの編】
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.4 京都 先斗町の川床でお食事
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.12 京都 手荷物一時預り所
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.13 京都 六波羅 町家カフェ「サガン」

【京都をぶらぶら編】
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.5 京都 先斗町の川床から宿坊へ向かう
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.9 嵐山観光 嵐電に乗る
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.10 京都 苔寺 西芳寺 写経体験ができるお寺
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.11 京都 地蔵院でお茶を楽しむ

【宿坊編】
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.6 京都 宿坊 妙心寺 東林院の中は
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.7 京都 宿坊 妙心寺 東林院の朝
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.8 京都 宿坊 妙心寺 東林院の朝散歩

おまけの宣伝

京都人オーチャスさんの親友さんがやっている焼き肉屋さんだそうです。 今回立ち寄れなかったので、備忘録代わりという意味と宣伝とですwww

旅のまとめ

たった一泊二日の旅だったのに、15記事目になってしまいました。
それだけ内容が濃くて、京都は魅力にあふれる場所だったということです。
会社の友人が歌舞伎好きということもあって、しょっちゅう京都に行っているのが不思議でならなかったのだけど、今回の旅で納得しました。
日本の歴史を語る上ではこの場所を中心に繰り広げられていたという歴史があり、一方美味しい物も美しい景観も多く溢れていること。
また、それをただ眺めているだけでなく、自分もほんのわずかでも参加したり、溶け込んでみたりすることが出来る、懐の深い街であるということ。

京都の人は冷たいとよく耳にしますが、それは溶け込もうとしているこちらがあまりにも横柄だったからで、ちょっとだけ気配りしたり謙虚な気持ちで入っていけば、すんなり受け止めてくれる街なのだと感じました。

とはいえ、この旅で京都の魅力憑りつかれたのは言うまでも無く、 日帰りでも一泊でも、長期滞在ができればそれも嬉しいし、また訪れたい街だなぁと思いました。

そして、京都に到着した時から、帰りの新幹線の新横浜駅あたりまで(フェイスブックメッセンジャーを通じて)、ずーっとずーっと笑い続けていた楽しい旅になったのは、京都在住のそーちゃんと、京都生まれのオーチャスさんのおかげだと思います。 お二方ありがとうございました!
そして、今でも会うたびに「ずーっと笑い続けだったよねーーー」なんて言ってまた笑える旅の仲間の、ナムさん、べーちゃん、ふくちゃん、ありがとうございました!!! また、とこかへカメラ片手に旅をしたいねーーー

ありがとう京都!ありがとう仲間たち! また来るよーーー!
チャオ!!!

ってなんでここだけイタリア語なのか???

京都手帖2015

posted with amazlet at 14.10.25
光村推古書院 売り上げランキング: 810

 

ウェッジ 売り上げランキング: 820

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告