宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.11 京都 地蔵院でお茶を楽しむ

京の庭と風を愉しむ

広告

地蔵院の庭

西芳寺を訪ねたあと(前回の記事 宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.10 京都 苔寺 西芳寺 写経体験ができるお寺)の次に向かったのは「地蔵院」
京都観光なら、西芳寺の後はすず虫寺だろう!とツッコミが入りそうですが、私以外は京都上級者。
ここはポピュラーなお寺よりもちょっとオトナなお寺に行こうという事になり「地蔵院」へ

余談ですが、ここの近くにある「モンキーパーク」は海外からの旅行者の人気スポットTop3に入るほどなんだそうです。
猿と自然に触れ合えるのが、欧米では珍しいんだとか。
日本では、日光の野猿とか地獄谷温泉の温泉に入る猿だとか、山奥の観光地に行くと比較的出会えるので、わざわざ飛行機に乗ってこんな極東の島国に来て猿を見に行くなんて・・・とオドロキです。世界って広い・・。
とか言っているうちはもう古い。
最近は「猿が接客する居酒屋」まで登場しているらしいです。外国人観光客はわざわざ宇都宮駅からタクシーに乗りこの「居酒屋かやぶき」に押し寄せているとか・・・。

さて、話が”猿”で猛烈に脱線しましたが、「地蔵院」に戻ります。

ここが・・・とても良いお寺でした。竹林が有名です。
竹林だけでなく、お寺の座敷でゆったりと過ごす時間がとても心地いいです。
扇風機が無くても、クーラーが無くても、さやさやと心地よい風が吹き抜けていきます。

ただし!蚊がめっちゃ多いです。
お寺に入るときに拝観料を支払う窓口があります。そこに虫除けスプレーが置いてありますので、迷わず全身にスプレーしましょう。
私は即スプレーしましたが、他のメンズは何も無し。
言わずもがな。蚊の餌食になった事は言うまでも無いでしょうw

美味しいお茶で一休み

お寺は歴史を感じさせられる古さですが、お手洗いはリフォームしてありめっちゃ近代化されたステキトイレでした。
お手洗い休憩としても是非にお立ち寄りをおススメします。
休憩と言えば400円を出すと、お抹茶と茶菓子を出して貰えます。
お抹茶は薄茶なので、さっぱりしていて飲みやすいです。
竹林が有名とあって、お茶菓子は竹の形をしています。

お茶菓子が来ると一斉に写真を撮り始める漢たち。
おおっと!ここは写真撮影禁止ですっ!!!
しかし、ですね。我々はお寺の方にちゃぁーーーんと許可を頂いて撮影しました。イェイ!!

ええっとですね・・・うちら、修行中だったような・・・汗

地蔵院で休憩した後は、再び祇園祭りアゲインですっ!祇園に戻るよ!
来た時に降りた「苔寺 すず虫寺」というバス停で、京都駅行のバスに乗ります。
終点から終点まで乗りますので、座席に座れるちゃんすも多いです。

ココからですね、四条ぐらいまでの記憶が・・・無いのです。
バスで 爆睡・・・バスって良いですねぇ。寝ててもちゃんと運んでくれますwww

宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.12 京都 手荷物一時預り所へつづく
宿坊へ泊まろう! 京都への旅 Vol.15 -まとめ-

 

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告