東京 秋葉原:『フルーフ デゥ セゾン』ときめきの大盛りのフルーツパフェ

フルーツ好き、パフェ好きの@3trip5.さゆりっぷです。

地元 秋葉原を歩いていたら突然「フルーツが食べたい」という衝動にかられました。

世の中便利になったものです。

激しく行き交う末広町の交差点を渡り切ったところで、Google先生に「先生!先生!フルーツが食べたいです」と呪文を唱えて見つけたのが『フルーフ デゥ セゾン』

広告

東京メトロ 銀座線 末広町駅付近にあるフルーツパーラー

末広町の交差点を、蔵前橋通りを台東区方向(山手線の高架が見える方)に向かって歩き、2つ目の角を右へ折れます。

そこに、いわゆる今世の中で流行っている”カフェ”とは一線を画す昭和風な店構えが現れました。

店内もいささか昭和。

店内のディスプレイも少々昭和なテイスト。

でも、雰囲気を味わいたいのではなくて、フルーツが食べたいので良しとします。

巨大フルーツパフェに果物好きは狂喜乱舞

フルーツが食べたい。

フルーツが食べたい。

フルーツが食べたい。

早速オーダーしてみます。

メニューは、最近主流になりつつあるQRコードで見るタイプ。

どうやら季節ごとに、パフェが変わるようです。

そこで、思い切って「フルーツパフェ 2500円也」を頼んでみました。

他のパフェが1000円台に対して倍のお値段。

オーダーすると「お出しできるまで20分ほどかかります」と言われましたが、頭の中はフルーツでいっぱいになっていたので「大丈夫です!」と返事をし、さぁこい!とばかりに鼻息が荒くなりました。

そして出てきたのがこれ。

でかっ

フルーツが食べたかったので本望です。

何種類あるのか少ないほどのあれやこれやのフルーツに狂喜乱舞。

中からは3種類のシャーベットが出てきました。

また下はフルーツポンチ。

つまり、

フルーツ→3種類のシャーベット→フルーツポンチの3層で構成されています。

感想

フルーツ好きには最高です。

特にこのもりもりのフルーツパフェはおすすめ。

私は運動後に食べたので一人でいけましたが、華奢な女子であれば二人でシェアするのもいいでしょう。

季節のよってパフェのメニューが変わるので、予めホームページを確認してから行くのがいいかもです。

それと、秋葉原という場所柄でしょうか、女性よりも男性客の方が多かったです(その日はたまたま?)

ホームページはこちら

この近所は元青果市場跡。

「やっちゃ場」と呼ばれていた神田青物市場があった名残でしょうか。

このフルール デゥ セゾン 以外にもフルーツを扱うお店がポツポツ点在しています。

場所の「気」が”フルーツが食べたい”という気分にしたのでしょうか?(笑)

とにかくフレッシュで、よく熟れた食べ頃のフルーツがもりっと出てくるので、ぜひおすすめです。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク

スポンサーリンク