人形町 カフェ「Union Sand Yard ユニオンサンドヤード」:野菜とタンパク質がバランスよく食べられるカフェ

東京の東部に生息していて、東京の下町に職場がある さゆりっぷです。

東京は広い。
東京の東部に日常のほとんどを過ごしていても、まだまだ知らないところばかりです。

今回は、ブログ「心が動く時」を運営しているブロガー TOMOKO3さんにお誘いいただいて、人形町のカフェでランチをしてきました。

「Union Sand Yard ユニオンサンドヤード」

ここが、なかなかに素晴らしくて、栄養バランスが偏りがちな外ランチにおいて、野菜もタンパク質もバランス良く食べられるカフェだったのです。

キッチンスタジオを運営しているので、栄養バランスにはうるいさい私が、ドはまりして3日後に再訪したほどなのです。

広告

「Union Sand Yard ユニオンサンドヤード」の外観

まわりを古いオフィスビルに囲まれた中に、ひっそりと佇んでいます。
入口に並べられた野菜たちを通り過ぎると、カフェエリア。 大きなテーブルとがドーンとお出迎えしてくれます。お一人様の場合はたいていこちらの大テーブルへ案内されます。
小さなテーブルでは、3~4人のグループが案内されます。 大きな窓が解放感があります。路地の中にあるので、窓の外を歩く人も少なく、あまり外は気になりません。
壁には、ロゴが。写真では見えないですが、この壁にはフックがついており、コートなどはここへ掛けます。
大テーブルへ案内されて、TOMOKO3さんを待ちます。

平日のランチ

平日のランチメニュー。カフェの人が言うには「ポタージュ盛り合わせプレート」¥1,500 と「キッシュ盛り合わせプレート」¥1,500 が人気なのだそうです。
注文すると、日替わりで「酵素ジュース」が出されます。これが飲み放題。無くなると店員さんが継ぎ足してくれます。
「ポタージュ盛り合わせプレート」¥1,500を注文すると、酵素ジュースの次に野菜サラダが出されます。外ランチでは野菜がしっかり食べられないことが多いので、これが結構モリモリで嬉しいです。
「ポタージュ盛り合わせプレート」の全容。ポークステーキが、2㎝ぐらいの厚みがあって、タンパク質もしっかり摂れます。炭水化物も黒米で摂れます。グリル野菜の存在感もあり、非常に栄養バランスが素晴らしい!

休日ランチ:再訪

あまりにもバランスの良いランチに感動して、休日にも行ってきました。
休日は、平日とメニューが変わります。
平日は「ポタージュ盛り合わせプレート」¥1,500 と「キッシュ盛り合わせプレート」¥1,500 でしたが、
休日は「ポタージュとキッシュ盛り合わせプレート」¥2,100となります。
つまり平日メニューの良いとこどりをしたメニューが休日バージョンです。

休日バージョンも酵素ジュースが出ます。この日はグリーンスムージーとこの赤いビーツのジュースと2種類でした。
平日と同じ、休日も野菜サラダがまず出てきます。
黒米とスープのちょいがけは、休日は別皿で出てきました。
これが、休日バージョンの「ポタージュとキッシュの盛り合わせプレート」かなりのボリュームで、周りの席の人たちも「お腹パンパン」と口々に言っていました。私も蕪の葉が練り込んであるパンを残してしまったほど。ポークステーキは安定の分厚さ

まとめ

日本人の食事の理想バランス、「野菜3:タンパク質2:炭水化物1」の割合がしっかり守られた理想的なランチでした。
しかも、素材はこだりがあるようです。

契約農家から送られる安心・安全な野菜。
市場を通さず送られてくる朝採れ野菜は、糖度、ミネラル、栄養分が市販の野菜と比べて倍以上。
自家製にこだわり、パンやハム、パスタの麺にいたるまで手作り。
自然派ワインや野菜を使ったカクテルもご用意しておりますので、ご一緒にお楽しみいただけます。

ユニオンサンドヤードのサイトより

安心安全な素材でバランスよく出てくるランチ。まさにミラクルです。

人形町にお越しの際は、イチオシのカフェです。

店名 Union Sand Yard ユニオンサンドヤード
ランチ 11:30 〜 14:00
ディナー 月〜土:18:00 〜 23:00(L.O. 22:00)

日・祝:17:00 〜 22:00(L.O. 21:00)

定休日 不定休※日曜営業
電話 03-3668-0015
最寄駅 東京メトロ 日比谷線 / 都営地下鉄 浅草線 人形町駅 A4出口より徒歩3分
備考 電話予約可

 

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク