【食レポ】東京都現代美術館 レストラン「100本のスプーン」

東京都現代美術館へ行ってきました。

展示を堪能した後お腹が空いたので、東京都現代美術館内のレストランに行くことにしました。
レストランは2店舗あります。
今回は、名前に惹かれて「100本のスプーン」というレストランへ入る事に。

広告

場所

看板を目印に地下一階へ階段を降りていきます。地下にはアートライブラリーもあります。Open時間は11:00~18:00
階段を降り切って逆方向に振り向く、と案内の看板が出ています。
こちらが入口
休日の16:00頃のウェイティング状況
お一人様でしたが、広々とした4人席に案内してもらいました。
店内から入口を見た感じ。地下1階ですが、いたるところに窓があり地下とは思えない解放感です。
全部で100席あるそうです。

オーダーしてみる

 

コース料理も用意されていて、がっつりと食べられるメニューが揃っています。アラカルトメニューししっかり食べたるものが揃っていて嬉しい。

 

大沼牛のハンバーグデミグラスソース(\1,580)と、自家製フォカッチャ・イカ墨(\100)を注文。

感想

美術館のカフェやレストランは、値段の割には上品過ぎる量だったりして物足りないことが多いのですが、「100本のスプーン」では、しっかりとしたお料理が出てくるのが嬉しかったです。

それと写真はありませんが、店員さんの対応がとても気持ちよかったことが印象的でした。
男性・女性どちらの店員さんの笑顔がほんと清々しくて、お料理と+αを栄養として提供して貰った気がします。
次もまた来たくなるレストランです。

おまけ

腹ごしらえした後は、館内をすこし散策。
窓の外の景色が、まるで影絵のようで美しい冬の日となりました。

 

あまりにも館内の居心地が良いので、ついでに、もう一展示観て帰りました。

レストランがあるお陰で、東京都現代美術館内では一日遊べます。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク

スポンサーリンク