東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”で発酵食クラスを開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【10月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダー】

 

東京 浅草橋「鮨 小料理處 あじま」

東京の東側 浅草橋は「ドーナツの真ん中」とよく言われています。

それは、周辺の馬喰町や東日本橋、蔵前や、墨田川を渡った両国近辺には、お洒落でこじんまりとしたカフェやダイニングが次々とオープンしているのに。。

なのに、浅草橋だけはぽっかりと開いたドーナツの中心のように、飲食チェーン店しかオープンしないのです。

JR総武線 浅草橋駅 都営浅草線 浅草橋駅前の大きな江戸通り沿いには、チェーン店はあるが”これ”といった、美味しくて気の利いた飲食店は無いのです。

一筋も二筋も入ったところにやっとポツポツあるぐらい。

そんなドーナツの輪の中心に、とても良いネタでお寿司を握ってくれる「美味い!」と唸らせるお寿司屋さんができました(喜)

なんと私の仕事場であるキッチンスタジオから徒歩2分。

『鮨 小料理處あじま』

東京都台東区浅草橋1-11-3小柳ビル1F

03-5846-9436

広告

こじんまりとした店内の中に豊かな時間

店構えは、ささやかな印象を受けます。

あじまが出来る前は、私のキッチンスタジオと同じ時期にオープンしたイタリアンレストランだったのですが、2020年のコロナ禍で閉店しました。

オープン時期が同じだったために、勝手に仲間意識を持っていたのですが、閉店してしまって寂しい限りだなぁと思っていたとこと、2020年の年末に「あじま」がオープン。

え~~~このコロナ禍最中に?と驚いていたのですが、少しでも街が明るいのは嬉しいことです。

店内はカウンター席がメイン。

テーブル席はありますが、2人掛けが2つあるだけです。

私が行った日は、カウンターで昼飲みを決め込んでいる男性2人がゆっくりゆっくりと、お寿司を肴にビールをこれまたゆっくりゆっくりと飲みながら会話を楽しんでいました。

私が席に着くとしばらくして、(会話の内容から)浅草橋で会社をやっている社長さんらしき人が一人入ってきて、店主と「ようやくココに慣れてきましたね」というような会話をしていました。

どうやら、その社長さんは開店時から時おりここへ足を運んでいるようでした。

そんなお店の雰囲気から、短いお昼休み時間に慌ててやってきて、カッとお寿司をかきこんで出ていく・・・そんなお客は少ないようです。

そのお客さんも、お寿司の味と時間を、かみしめるように楽しんでいる様子でした。

ランチメニューは4種類 入口看板で確認しよう

ランチメニューは、この4つのみ

・ちらし寿し 3000円

・お鮨 2500円

・煮穴子と鮪漬け重 2000円

・鉄火重 1800円

店内には、メニューが置いてありませんので、入口の看板で何を食べるか考えてから入店した方が良いでしょう。

もちろん、店主に「何がありますか?」と問うと答えてはくれます。

お鮨(握り寿司)

4種類しかないランチメニューなのに、どれも魅力的に思えて迷いました。

迷いましたが、今回は「お鮨 2500円」をお願いしました。

ここからは写真多めでご紹介します。

まずは、お茶・ガリ・お醤油が出されます。

以上8貫+卵とお吸い物

感想

一言で言うと「美味い

どれもネタが新鮮、厚みがあり、シャリが程よく控えめ。

ネタが美味しい上に、バランスが最高です。

そして、すべての握りに、店主が醤油なりタレなり塩なりを、絶妙な量で出してくるので、最初に出された醤油皿は一度も使うことがありませんでした。

つまり、ネタとシャリだけのバランスだけでなく、お鮨をサポートする調味料までも、一番良いバランスを考え抜かれて出されてくるのです。

箸休めのガリも手作りでしょうか。

チェーン店のいかにも・・・というベタベタした味など、一切ありません。

こざっぱりと口の中をリフレッシュしてくれる味わいでした。

店内はゆっくりとした時間が流れ、鮨は最高という、浅草橋には今までなかった空間となっているのは間違いないです。

ただ、ランチとしてはお値段が、お高めなので毎日通うにはお財布には厳しいかもしれません。

「ご褒美ランチ」として楽しむのはアリですね。

逆に言うと、ガチャガチャと騒がしいお客とか、せかせかしている人とかは来ない価格帯なため、美味しいお鮨と一緒に豊かな時間が過ごせます。

その点はターゲティングがしっかりされているお寿司屋さんとも言えます。

それと、気を付ける点は「ネタが無くなり次第閉店」なこと。

私は、開店当初から気になっていたお店だったのですが、来店が遅くなってしまったのは、何度か”今日こそ”と思ってお店の前まで来ると「売切れ」という張り紙がされていて、振られていたからです。

お昼時間のピークを避けて・・という配慮が裏目に出てのネタ切れ。

そもそも、大人数を回転良く・・という真逆。少人数を大切に(ただし価格お高め)という戦略のため、ピークを避けなくても混雑する心配は無いかもしれません。

さっさと行って、ゆったりと楽しむ気持ちでお店に行かれると良いと思います。

次回は絶対に夜のお食事を楽しみに行きたいと思います。

すぐ近くに、手打ちのお蕎麦が美味い「更里」もあり、浅草橋の味のグレードが底上げされている気がして嬉しいランチとなりました。

「あじま」の情報

営業時間・定休日などは、状況によって変わるためInstagramを確認してください。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク