【食レポ】銀座・新橋 とろさば料理専門店 「SABER サバ―ル」:栄養価の高い鯖が心ゆくまで堪能できるお店

魚か好きです。
中でも鯖が好きです。
SNSに「東京で鯖が美味しいお店を教えてください」とゆるく募集したところ、「SABER(サバール)」を紹介してもらいました。
※2番人気でした。

そのサバールのレポートです。

広告

お店の雰囲気

最寄駅はJR・都営地下鉄・東京メトロ銀座線 新橋駅が一番近いです。

お店の入口。魚感溢れています。
地下一階への階段を降りて店内に入ります。階段降りて正面にはトイレのドア。「厠は遠くても十八歩」と書かれている通り、こじんまりとしたお店です。
今回予約した席。こじんまりとした集まりに向いています。
テーブルは、鯖の形のくり抜きが。コースターも38(サバ)
大人数や2人の場合はこちらの席。店内の装飾もサバ尽くし
「サバ博士検定問題集」なるものも、メニューと一緒に各テーブルに。

お食事をオーダーしてみる

グラスに「おつかれサバです」w
今回は、お鍋のコース¥3,800円を事前に予約済み。お通しのサバのなめろう。アジのなめろうは定番ですが、サバのなめろうは初めてです。
炙りサバのサラダ
そして!!!まってました!!!サバのお刺身。とくに「とろさば刺身」は口の中でとろける美味しいさ。
女性の腕ほどある焼きサバ
サバのしゃぶしゃぶ。半切りのレモンが良い仕事しています。
最後は雑炊で〆
デザートにバニラアイスのゴマトッピング

感想

サバを心ゆくまで堪能しました。
家で料理すると、「焼きサバ」か「サバの味噌煮」程度におさまってしまいますが、なめろうから始めり、しゃぶしゃぶに至るまで、お料理の仕方も参考になりました。

特にサバはこのような栄養価があります。

良質のたんぱく質、ビタミンB2が豊富。ビタミンB2は動物性食品に多く含まれ、細胞を再生し、脂質のエネルギー変換を助け、血液の循環をよくし、成長を促進させる作用があります。魚の中では、さばの含有量はトップクラスです。
そのほか、たんぱく質の代謝を担い、神経伝達物質の合成にもかかわるビタミンB6、カルシウムの吸収をよくするビタミンDも豊富です。
豊富に含まれる脂質の中では、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多いのも特徴。EPAは血液をさらさらにして生活習慣病の予防・改善に有効。DHAは血中コレステロールや中性脂肪を減らし、脳の発達や機能維持にも重要な役割を果たすといわれています。
血合いには鉄も多く含まれるので、貧血予防にも。

オレンジページ サイトより引用

食べて美味しくて、血液サラサラになるサバ。それをあれやこれやと工夫されて提供されるのは嬉しいものです。
お値段もコースで¥3,800〜とお手頃。

お魚が食べたいけれど、捌くのが面倒・・・という時におすすめの居酒屋です。

住所 東京都中央区銀座8-3-1 GINZA TOKIDENB1
電話 03-6264-5638
営業時間 月~金、祝前日: 17:00~23:38

土、日、祝日: 15:00~23:38

定休日 不定休
参考 GW営業
サイト https://sabar38-ginza.owst.jp/

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク

スポンサーリンク