大阪 南船場 堺筋倶楽部:生きたレトロ建築を巡る

建物が好きです。
今となって、なんで建築家にならなかったのだろう?と思うぐらい建築が好きです。

しかし”ザックリ”で”だいたい”な性格のため、目指さなくて正解な気がします。きっとピサの斜塔並みに年々傾く建物が出来上がったことだと思うのです。
なので、愛でて楽しむことにしています。

2年前にこちらの「生きた建築 大阪」を読んでから、いつかは大阪のレトロビル巡りをしたいと思っていました。

先日、大阪へ仕事で行く機会があり、やっと念願叶っていくつか見に行ってみました。

広告

南船場にある「堺筋倶楽部」

今回の大阪出張で泊まったホテルが、心斎橋駅徒歩3分という好立地。そこから船場や北浜のレトロビルにアクセスするには交通の便も良いのです。
まずは、南船場の「堺筋倶楽部」へ行ってきました。

堺筋倶楽部の建物は、元は川崎貯蓄銀行のビルとして昭和6年(1931年)に建てられました。
矢部又吉設計
ベルリンで新古典主義(バロック様式)を学んだ矢部又吉らしく、正面の装飾が豪華でデコラディブです。
華やかなワルツやいにしえの紳士淑女の談笑する声が聞こえてきそうな雰囲気です。

今は、AMBROSIA(アンブロシア)という名のレストランになっています。約100年経過して尚、現役で活躍しているビルです。
見かけの華やかさだけでなく、第二次世界大戦の空襲も逃れて、いかに頑丈に幸運に恵まれていた建物かと言うことが伺えます。

レストランとして活躍しており、イタリア国旗とフランス国旗が掲げられていました。
1階がイタリア料理、2階3階はフランス料理が提供されているそうです。

私が訪れたのは、日曜日。
結婚式のパーティ会場として貸切されていて、入ることはできず。

とても幸運な建物で、新しい人生をスタートされるということは、まさに幸せが生まれる建物なのでしょう。

レストラン情報

翌日の月曜日に、ランチコースを楽しもうと再訪しましたが、定休日。
内部を見たかったのですが、それは次回のお楽しみにすることとします。
次回は事前に確認して、予約を入れて訪れることにしたいと思います。

住所:〒542-0081 大阪市中央区南船場1-15-12
電話:06-6265-8000
サイト:http://www.sakaisujiclub.com/
営業時間:Lunch / 11:30-14:00 L.O.
Dinner / 18:00-21:00 L.O.
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

  • ブックマーク

スポンサーリンク