大阪 南船場「せんば自由軒 長堀橋店」:懐かしの名物カレーは不思議な盛り付け

大阪に行ってきました。
こちらのAMBROSIA(アンブロシア)で優雅にランチコースと意気込んで行きましたが、月曜定休日で撃沈。

その道すがらにあった懐かしい看板を見つけ「せんば自由軒 長堀橋店」へ吸い込まれるように入りました。
自由軒 長堀橋店
住所:大阪府大阪市中央区南船場1丁目17−13 阪奈ビル 1F
電話:https://goo.gl/zaeByD
営業時間:11:00〜15:00,17:00〜22:00
定休日:日曜

広告

日替わりランチプレート

さっそく、日替わりランチプレート 850円を注文してみました。

▼スープ

▼ランチプレート
・・・?真ん中の空白ななに???

何か盛り忘れたのか?と一瞬思いました。
しかし、カウンター席に座っており、厨房が丸見えの席でしたので、どうやら他のお皿もこの盛り付けのようです。
SNSに投稿してみたところ、同じ盛り付けでも「名物インデアンカレー&カツレツコンビ」を注文すると、この空白地帯にカツレツが、「名物インデアンカレー&シーフードコンビ」を注文すると、この空白地帯にシーフードフライが盛り付けられてくるそうです。
つまりマニュアル通りの盛り付けということなのですね。

感想

なぜこの「せんば自由軒」に入ったかと言うと、まだ20代の若かりし頃、大阪出張の帰りに「インディアンカレー」を一度食べてみたいと思い、慣れない大阪の街をお店を探して行った思い出があるからです。

その頃はスマートフォンなど無く、仕事で外出するときは手のひらサイズのポケットマップを片手に歩いたものです。

大阪出張ももちろん大阪市のポケットマップ片手に、客先を出てからそれお店を探しました。ようやく夕暮れの頃に辿り着き、疲れてヘトヘトなところで食べた名物のインディアンカレーが、ひっくり返るほど辛くて驚いた記憶があります。
こんなに疲れているのに、なんて刺激的。。と少し世の中の世知辛さを教えられた気分になったのです。
もっと優しく迎えて欲しかったと。アマちゃんでしたね〜。

今なら、あの辛さも耐えられる年になったのだよフッフッフと、リベンジのつもりで行きました。
辛さは相変わらずの刺激でしたが、ひっくり返るほどでも無かったです。
年をとったもんだ(笑

あの頃の自分にちょっと会ってみたいなと思ったので、思い出の場所を訪ねてみたかったのです。

しかし、、、東京にもお店がありました。。
なんと、私のキッチンスタジオから近い、上野御徒町に。

がーん、がーん、がーん。。。

http://www.senba-jiyuuken.co.jp/store.html

若かりし頃も、ひっくり返りましたが
今回もショックでひっくり返りました。

次回は上野御徒町店に行ってみようと思います。

ちなみに、Amazonでも売っているようです。
あの衝撃的な辛さを手っ取り早く体感したい方はどうぞ!

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク