大阪 北浜 「北浜レトロ」紅茶の香り高いティールーム : 生きたレトロ建築を巡る

大阪のレトロビル巡りをしています。

今回は「北浜レトロ ビルヂング」

住所:大阪市中央区北浜1-1-26
電話:06-6223-5858
営業時間:[月~木]11:00~21:00、[金]11:00~21:30、[土・日・祝]10:30~19:00
定休日:お盆、年末年始

広告

築100年超の歴史あるビル

明治45年(1912年)に、大阪証券取引所の仲買業者の社屋として建てられた建物だそうです。
なんと築年数が、100年超。国の登録有形文化財となっています。

今も現役で、英国風スィーツショップ、2階は飲食ができるティールームとして活躍しているところがすごいですね。

到着したのが、夜。iPhoneで写すと緑色になるという謎の現象が起きておりますが、中央の英国国旗が見えますでしょうか。

英国グラスゴー派のデザインの建物を、英国の紅茶やスコーンを売るスィーツショップにしています。
▼こちらのフレンチ風の「堺筋倶楽部」とは違って、実直な直線と、正確な半円アーチの正面玄関。

英国風ティールーム「北浜レトロ」

登録有形文化財と言えども、ティールームとして現役バリバリです。
大切に保管しているのではなくて、大切に今も使われているビルなのです。

▼1階の店内は、スコーンや紅茶を販売するショップ。インテリアが可愛くて、おもわずあれもこれも買ってしまいそうになります。

▼なにもかもが可愛い

▼2階・3階はティールーム。さっそく上がってみます。

▼階段の壁に「WAITING ROOM」のプレート。つまり階段で順番待ちをします。

▼2階の様子。女子率高い。アフタヌーンティーセットが人気の様子。

▼天井にはシャンデリア

▼店員さんがメイド風なのも可愛いです。

▼ペパーミントの窓がチャーミング

▼テーブルクロスはマーガレット・ハウエル風

▼ティーカップ&ソーサーはウェッジ・ウッド。英国の陶磁器で揃えています。

▼スコーンのセット。左が栗、右がくるみ。2つ好きなスコーンを選べます。

▼紅茶とスコーン。まさにイギリスのティータイム。1,200円

▼クリスマスプディングのセット。1,300円

まとめ

地元大阪でも人気店のようです。もちろん私のような観光客も多く訪れていて、待ち時間はあると思って行った方が良いと思います。
また、土日祝は営業終了時間が早いので、なるべく早い時間に行くことをおすすめします。
18:00すぎに到着して18:15分ごろ座れて、18:30にはラストオーダーとなり、食べる一方からどんどんお皿を片付けられて、閉店だよオーラが満載だったので、次回は早めを狙って行こうと思います。

▼階段の後ろを見ると、土佐堀川が見えて、とても優雅な雰囲気。このビルとお店は来る価値大です。

古いだけじゃない、築100年を超えるビルが今も現役で、そしておしゃれに、人が多く集う場所として活躍しています。
このビルのような人生を目指したいものです。

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_il_tl?ie=UTF8&tag=koume05-22&keywords=生きた建築&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=xm2&linkId=b669af4bb69f359194d9609eaeae9589
https://www.amazon.co.jp/gp/product/490399337X/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=koume05-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=490399337X&linkId=e792aee3c86ea2917dc49cddbbcfa3c0
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4391636301/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=koume05-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4391636301&linkId=4442c934cf1764b7613360c76286103b

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク