東京駅 果実園 :再訪 何度来ても大満足80%がフルーツの「とちおとめパフェ」

いちごの花が開く果実園のいちごパフェ

果実園ファンです。
果実園とは東京に3店舗(東京駅・新宿・目黒 2019年2月時点)あるだけの、フルーツパーラーです。
数多あるフルーツパーラーの中で、軽く2/3以上はフルーツで占められているパフェはここぐらいでしかお目にかかりません。
パフェと言えば、コーンフレーク的なもので底上げされていたり、アイスクリームや生クリームで埋められていたりしますが、フルーツ好きの私の期待を裏切らない、フルーツ満載のパフェを提供してくれます。
果実園のHPによるとパフェの80%が果物なのだそうです。

広告

季節のパフェ とちおとめパフェ

気前よくいちごがモリモリ

過去に「桃のパフェ」「マンゴーパフェ」と食べてきました。

桃のパフェ

マンゴーパフェ

今回は季節のパフェとして「とちおとめパフェ」です。2,500円
トッピングのチョコは、注文時にチョコレートソースをかけるか?かけないか?を店員さんが確認してくれます。
本当はチョコレートが苦手なのでかけたく無かったのですが、そこはブロガー魂で「かける」を選んでみました(笑

これが80%がとちおとめで出来ている「とちおとめパフェ」の全貌

感想

2,500円という値段に一瞬ひるみましたが、オーダーして良かった!と満足しています。
とちおとめの甘くて爽やかな香りと、口の中でジュッと蕩ける果汁。フレッシュなフルーツならではのテイスト。
一気に心は天国です。

健康のために糖分は控えていますが、この果実園のパフェだけは別格だと改めて実感しました。



さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク