鳥羽 池の浦 旅荘 海の蝶:朝ごはんは鳥羽の海の恵みだたっぷり

たっぷりの朝ごはん


9月に鳥羽は池の浦にある「旅荘 海の蝶」に泊まりました。

鳥羽 池の浦 旅荘 海の蝶 : どこからもオーシャンビューな温泉宿

朝ごはんは、普段はあまり食べない派なのですが、宿に泊まった時には、なるべく食べています。

理由は、朝ごはんにこそその宿のグレードが如実に現れると感じているからです。

どんなに見た目オシャレな内装のホテルでも、どこか使い勝手がスッキリしないホテルは、朝ごはんもどこか”間に合わせ”的なものを感じるのです。

(つまりコストカットの対象にされがち)

宿泊客をどこまでもてなしたいのか?

それを知るためにも、宿に泊まる時は朝ごはんを食べます。

広告

大広間でテーブル&椅子で食べる朝食

この宿は、夕飯は各部屋で食べるのですが、朝ごはんは大広間、つまり宴会場で食べることになります。

奥には、出汁巻卵を丁寧に焼いてくれる板前さんが待機しています。

朝ごはんを食べているお客さんを見ていると、3人連れが多いのが興味深かったです。

親子と娘、女性3人組がよく目に付きます。

女性に人気の宿なのでしょうか?

鳥羽の海の恵みが盛りだくさん

まずはお盆に載せられた、朝ごはん一式が運ばれます。

お盆の横には、それぞれのメニューの説明書きが添えられていて分かりやすいです。

少しグレードの高いリゾートホテルに泊まると、メニューを係の人がひとつひとつ説明してくれますが、正直なところ「丁寧なのは良いけれども、朝から、、少しそっとしておいて欲しい」と、落ち着かないこともしばしば。

なので、この様な配慮と”そっとしておいてくれる”のは、嬉しいです。

ごはんは、白米と 帆立貝のお粥とどちらかをえらべます。

もちろん、お代わりをして両方食べることもできます。

板前さんが一つ一つ丁寧に焼いてくれた出汁巻卵。

目玉焼きやスクランブルエッグにも変更してくれます。

お味噌汁はなんと!伊勢海老

朝から豪華です。

これに焼き魚も付いてきますので、朝からボリューミー。

1日の活力になります。

これだけ食べればお昼ごはんも要らないかも?と思いましたが、しっかり手こね寿司を食べたのはここだけの話です(笑

伊勢 おかげ横町 : 郷土料理「すし久 」明治2年に建てられた歴史ある建物で食べる、名物 手こね寿司

おまけ情報

実は、予約をするときに選ぶプランを間違えて、

“夕食無し朝ごはん付き”にしていました。

残念ながら、ルームサービスは”夕食付きプラン”しか対応してくれないことが分かりました。

しかし、ご心配なく。

夕食無しでも、宿に着いたら和食レストランがあります。

ただし21:00開店となっていますので、ご注意を。

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告