鳥羽 池の浦 旅荘 海の蝶 : どこからもオーシャンビューな温泉宿

伊勢志摩への旅に出ました。


この日は平日でしたが、お日柄が良いのか、伊勢市内の宿は何処もいっぱい。

空いていても、1人一泊5-6万円台。

桁が1つ増えて、震えました。

そこで、伊勢市内を少し離れて鳥羽市に宿を取りました。

お宿の名前は旅荘 海の蝶

広告

鳥羽駅から送迎バスで。最寄り駅の「池の浦シーサイド駅」は期間限定で停車

伊勢湾は池の浦にある『旅荘 海の蝶』

Googleマップで調べたところ、最寄り駅はJR参宮線の「池の浦シーサイド駅」

そこから、徒歩で行けそうな距離だったのですが、Googleマップで経路を調べても、乗換え案内アプリで調べても「経路が見つかりません」としか表示されません。

仕方なく、タクシーが乗れそうな「鳥羽駅」に向かいそこからタクシーで宿に向かいました。

ちなみに、鳥羽駅と宿までは無料送迎バスがありますが、鳥羽駅18:00発が最終便となるため、注意が必要です。

後日、「池の浦シーサイド駅」について調べてみたところ、夏季限定でオープンされる駅だとのこと。

ここを訪れたのは9月のため、Googleマップや乗換え案内アプリが困るのもなるほど!と頷けました。

全室オーシャンビュー どこからも鳥羽の美しい海が眺められる宿

到着したのが、既に日が暮れた19:30だったため、部屋に入っても、何も見えず。

しかし、片側全部が大きな窓になっていたため、宿の自信をひしひしと感じました。

広い窓から差し込む”太陽の光で起こしてもらおう”と、あえてカーテンを閉めず、寝ることにしました。

その期待を全く裏切らない朝がやって来たのです。

日の出前の薄っすらとした朝靄で1日が始まります。

広いベランダにはもちろん出られます。

夏の終わりの9月とは言え、ひんやりとした空気。

それまで肌寒かった海から太陽が。

日の出と共に日差しと暖かさが一気に身体を包んでくれます。

部屋の中

部屋は和洋室でした。

海水浴場も近いことから、家族連れでも泊まれるように、ベッド2つと和室に布団が敷けるようです。

一人で泊まるにはもったないほどのゆったりとしたスペースです。

トイレ・風呂はありますが、この宿は露天風呂が自慢の温泉宿なため、普通のビジネスホテルぐらいの設えでした。

宿自慢の温泉

今回、宿を探すときに検索条件として「温泉」があることにしました。

ここは露天風呂もあるので期待が膨らみます。

※写真は「旅荘 海の蝶」のサイトより

※写真は「旅荘 海の蝶」のサイトより

全く写真の通りの広々とした室内大浴場と、遠く鳥羽 池の浦の海が眺められる露天風呂です。

お風呂からもオーシャンビュー!

館内どこからもオーシャンビュー

宿の中、どこを歩いていても海が見えます。

朝ごはんを食べに行く途中の廊下から眺められる海

朝ごはんの場所(宴会場の前)から眺められる海

宿から海辺に立つ「旅荘 海の蝶」が眺められます。

ロビーからも海が

朝からこの海の見られるロビーでゆっくり新聞を読んでいる老夫婦も。

海が眺められるテラスへ行ける通路があり「足湯」という案内もあるので行ってみます。

4枚前の写真から、逆サイドから眺められるテラスへ抜けられます。

テラスには足湯があり、実はこの足湯に浸かりながらブログを一本書きました。

その記事はこちら

伊勢神宮参り:日記 2017/9/21 佳き日にお伊勢さん詣で

チラリとサービスショット(笑

この後、残念ながらお天気は下り坂になってしまいましたが、どこからも海が眺められるというのは、体の中からリフレッシュ出来るものだと感じました。

伊勢神宮で、心を浄化して、

温泉宿で、身体を浄化して。

心身ともに、生まれ変わったような清々しい気分になれた宿でした。

朝ごはんについては別記事で。

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告