東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”で発酵食クラスを開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【10月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダー】

京都・祇園「たん義」に再訪 名物のはも丼

京都・大阪の夏で欠かせないもの「鱧」

これを食べずして、関西人は夏を見送ることが出来ないと言われるほど。

鱧というと、湯引きした鱧に梅だれをつけて食べるのが一般的ですが、京都 祇園にある「たん義」さんの鱧丼は、それらと一線を画した鱧の楽しみ方と言いましょうか。

夏の京都に行った時は必ず食べて帰るほどの美味しさです。

今回またまた再訪いたしました。

前回の記事はこちら

広告

京都 祇園「たん義」

たん義さんはこちら

最寄駅は三条京阪駅です。

たん義さんのお店。路地にひっそりと佇んでおります。
店内の様子。舞妓さん、芸妓さんのちょうちんやうちわが並んでいます。店内1階は全てカウンター席。

時間に余裕を持って行くお店

お店に入って、注文してから鱧の骨切りをしてくれます。

その後、暖簾の奥で焼いてくれますので、注文してから少々時間が必要となります。

時間に余裕を持って行ってください。

美味しいものはゆっくり味わう。

バタバタ行ってバタバタ帰るのは野暮なものです。

タレは薄味。見た目よりずっと柔らかくて軽くて胃にもたれません。
お漬物とお吸い物が一緒に出されます。

夏限定のはも丼・お値段

鱧の旬は夏ですので、はも丼が食べられるのは夏のみとなります。

お値段は2300円

お値段以上の味わいが待っています。

【さゆりTHERAPY】

心理セラピー・カウンセリングを行っております。
詳しくはこちら

  • ブックマーク