「毎朝、服に迷わない」 山本あきこ著:着る服も買う服にも迷っている人へ

広告

今週読んだ本 2016/5/8 ~ 2016/5/14

朝で無くても迷ってしまうのです

リアル書店で購入しました。
電車の乗換えで都営浅草線から東京メトロ銀座線に乗換える途中の通路の本屋さんの店頭で見かけて買ってしまいました。

会社員をやめてから、”通勤服”が無くなった今でも着る服に迷っています。逆に”何を着ても良い”という状況だからこそ迷うのかもしれません。
例えば大海原にいきなり放り出されたら、いったいどっちに向かって泳いでいけば岸にたどり着けるのか分かりません。灯台があれば、そこに向かってひたすら泳げばとにかく辿り着きます。そんな『灯台』が欲しくて買ってしまったのだと思います。

何を着ても良いのであれば、何でも言いじゃないと思うのですが、放置しておくと”ラクチン”優先でだらしなくなる一方だし、ドレスアップすれば”そんな格好で自分の運営しているキッチン・スタジオの掃除が出来るのか”という事にぶち当たります。
まぁキッチンの掃除については、着替えを持って行っている時もあるので良いとしますが、ご利用になるお客様にお会いしますし、見学にいらっしゃる方に失礼の無い姿でいたいものです。
そこで、今、『予約が取れないパーソナルスタイリスト』のエッセンスを取り入れてみたくなりました。

オトナカワイイ系のコーディネート

ミックス感あるコーディネート

山本あきこさんのコーディネートでとても良いなと感じるのは、カワイイ系でも無く、クール系でもなく、フェミニン系でもなく、ラブリー系でもなく。
じゃあ一体何系?となった時に、それぞれの系統のいいとこどりをしているコーディネートというところでしょうか。
カワイイけれど子供過ぎない。クールだけど辛口過ぎない。フェミニンだけどラブリー過ぎない。この”過ぎない”というのは、結構大切だと思います。個性を主張するのは、それはそれで”らしさ”の象徴ですが、主張し過ぎると「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、社会的ドレスコードはどうなのかしら?となってしまいます。
そこをバランスよく今風に取り入れているところが素敵です。
「今風」・・・これ大切です。このトレンド感を小物使いで取り入れてくれています。

お手頃価格のブランドでコーディネート

この本で取り上げられているファッションブランドは、GAP・ZARA・GU・ユニクロ・フォーエバー21・無印良品などのプチプラブランドであるところは”今すぐに”取り入れられるお手頃価格感が良いところです。
あれこれ、お試ししたい年代には持って来いだと思います。
しかしならが、私の様に20代~30代が過ぎてしまった年代にとっては、あまり安い物ばかり着ていると「この年で・・・ですか?」と痛い感じとなるため、この辺りはある程度抑えめに取り入れなくてはと思います。
(林真理子風に言うならばw)

色の組み合わせ方、シルエットの作り方は参考になる!

山本あきこさんのコーディネートの感心する点は、派手さは無いけれどパッと目を引く色の組み合わせの絶妙なところでしょうか。
派手さが無いのは、いたってシンプルなアイテムをお勧めしてくれているからだと思います。
シンプルだから合わせやすい、形がシンプルだからパッと目を引く刺し色を”ここぞ”というところに入れてくれているところです。
そして、その組み合わせがとてもあか抜けて素敵なんですよね~。

ただ、ひとつ難を言うとしたら、山本あきこさんイチオシのAラインスカートは、、、私、体形的に似合わないんです。腰回りにボリュームがあるため、AラインのAがHになってしまってドラム缶的に・・・
まあ、それはそれで、自分に似合うものをピックアップして服を選べば良いのかなと思います。

読了後のアクション

さて、読了後のアクションとしてどうしよう・・・と思っておりました。
クローゼットの中を断捨離してスッキリしているところです(まだまだ捨てる余地が実はあるのですが・・・)

そこで、フラッと歩いていたら無印良品のショップがありました。私は無印良品が毎年打ち出す「麻」素材のアイテムのファンなのです。
実は化学繊維が非常に苦手で、夏場になるとポリエステル100%の洋服が氾濫します。このポリエステル100%がどうしてもだめなのです。着ていると途端に痒くなります。かといって、綿・麻・絹だと(綿はさほどでは無いですが)お値段が1ランク高くなります。
しかし、この無印良品夏場に売り出す麻製品は、着て涼しい、肌触りが良い、水でジャバジャバ洗える、しかも価格的にお手頃なのです。

山本あきこさんのおススメする、シンプルなシャツ。
麻のシャツを買いました。白と紺と2色買いです。1枚4,000円でお釣りがきます。着倒しても惜しくは無いです。この夏はこのシャツを山本あきこ風にコーディネートしてヘビロテします。
麻ですからガンガン新えます。麻は水洗いするのが一番長持ちするので、嬉しい素材です。

夏のオシャレが楽しみになってきました。



広告