栃木 今市の日本酒を巡る 片山酒造への行き方 電車で行ける蔵元

国税庁のデータを見ると、平成24年時点での(2016年2月現在で最新データ) 栃木県の日本酒を製造している企業数は24番目と丁度ど真ん中に位置しています。多くも少なくもありません。
しかし、日光 男体山 を擁している土地柄、美味しい日本酒の蔵元が多いので有名です。

今回、2016年2月に仲間が「蔵元見学」イベントを企画してくれたので、便乗して栃木県は宇都宮に乗り込んで行きました。
・・・行きましたが、仕事の都合で蔵元までは行けず、懇親会を思いっきり楽しんできました。

普通はそのまま帰るところですがっ
せっかく新幹線をすっ飛ばして宇都宮まで来たのです。蔵元に行かないで手ぶらで帰る訳がありません。
手ぶらで良いのは、Kitchen Beeが開催する「手ぶらでキッチン♪お料理会」だけです!

手ぶらでキッチン♪常備菜を仕込もう!お料理会 第2回イベント開催報告 | Kitchen Bee キッチンスタジオ・レンタルキッチン(浅草橋・秋葉原)

そこで、前々から行きたかった蔵元に行くことにしました。
行先は『片山酒造』さん

酒蔵見学、酒造見学が無料で可能|日光地酒の片山酒造

ここは、電車で行ける蔵元でもあります。

広告

宇都宮駅からの行き方

東京からは、2つのルートで行くことが出来ます。
一つは、東武日光線で下今市駅から行くルート。特急スペーシアに乗るとあっという間に付きます。
もう一つは、新幹線で宇都宮に行った後、JR日光線に乗換えて今市駅からアクセスするルートとなります。
特急スペーシアと新幹線であれば、お分かりの通り、断然新幹線の方が早いです。

今回は、宇都宮にいたこともあり、JR日光線で今市駅から行くことにしました。
宇都宮駅からは37分で到着します。

今市駅を降りたつと、改札は一つしかありませんので、出口で迷う事はありません。
駅の出口を出たら、駅を背にして正面の大通りを直進します。
右手にNTTの建物とアンテナ(鉄塔)が見えますので、それを越えます。

直進していくと標識が見えてきます。
まっすぐ行くと、東武 下今市駅です。つまり東武とJRは、この辺りはほぼ平行している訳です。
どちらから行っても、国道119号線を目指します。

119号線にぶつかったら、今市駅からだと左へ曲がります。
東武 下今市駅からだと右へ曲がります。

119号線を歩いていると、次に「300メートル先に国道121号線が交差している」という標識が見えてきます。
この121号線を目指します。

121号線との交差点まで来たら、大きなお味噌屋さんがあります。
あ!目的地はここじゃないですよ。
(この後入ってお土産買ってホクホクでしたが)
交差点に着いたら右に曲がります。

121号線は「会津西街道」というのですね。121号線に入ったらもうすぐです。

右手に看板が見えてきました!

到着!
この日は異常なくらい暑いバレンタインデーでしたが、まだこうやって雪が残っていました。

お目当ての蔵元「片山酒造」さんに到着です。
さぁ、試飲とお酒、醸造所については、次の記事で!

広告