女子の便利ガジェット Apple Watch を自分への誕生日プレゼントとして購入!

2015年11月
世間とは一歩遅れてApple Watch を買いました。
発売当時は、なんか萌えないんだよねぇ~と、熱狂する人たちを遠目で見ていました。

これは発売当時のApple Watch。良いなぁと思う色は、7万円台。
必要に迫られているわけではないので、買わずにいました。

しかし、某経済評論家さんのメルマガを読んでいたところ、「買ったは良いが、全く使っていなかったApple Watchを使ってみたらめちゃくちゃ便利だった」という件を読んだのです。
それに影響されて、だんだん”欲しい”という気持ちが沸いてきました。

メルマガに何が便利かと書いてあったのかというと、
”一時間ごとに「立ちなさい。」と運動を催促してくれること”です。
たったそれだけなのに、それが私には刺さってしまったのです。

というのは、「通勤」という事が無くなってしまって、猛烈に運動不足。
家から一歩も出ないでデスクワークをしている時もあります。
iPhoneでタイマーをかけても良いのですが、あまりにもタイマーが当たり前すぎて「あ、鳴ってる」ぐらいしか感じず、立ち上がって動くためのトリガーになるには全く弱いのです。

そこで、価格が比較的安めになっているスポーツタイプを買おうと、お金は無いけど勢いで買ってみました。
折しも、9月16日に新色が出て、良いなぁと思うときめく色もあったからです。
お金無いけど・・・はい、古着や古本、使わなくなったバッグを売りまくって2/3ぐらいの資金はどうにか集めました。

広告

開封!

さすがApple製品。
箱からしてオシャレです。

内箱のプラスティックケース。
まるで時計みたい。
いえ。時計ですから・・・

あれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

中身が違う!
ローズゴールドアルミニウムケース、ラベンダースポーツバンドを買ったはずなのに、中に入っていたのは、ゴールドアルミニウムケース、アンティークホワイトが入っている。涙・涙・涙

お会計する前に、店員さんに「この色でよろしいでしょうか?」と箱の側面に貼ってある写真を見せられた時に、「あのぉ~これ、どう見ても私にはホワイトのバンドに見えるんですが、中身は本当にラベンダーですよね???」と念押しして、「はい!そうです!!!」と勢いよく答えたんですよね。
そんなに自信満々に”ラベンダー”というのであれば、信じてあげようと思って買って帰りました。

Apple watchの交換は他店舗でもOK

はてさて困りました。この時計、渋谷店で買ったんですよね。
渋谷に行ったときに、「ちょっとだけ見て帰ろう・・」と思って見に行って、そのままお買い上げしてしまったのです。
一番近い店舗だと銀座店です。
また、遠い渋谷まで、電車代と時間を使って交換に行かなくてはいけないのかなぁと思うと、ブルーな気分になりました。

そこで、カスタマーセンターへ電話してみました。
すると他店舗での交換はOKとの返事をもらいました。ひゃーーー良かったよかった。

銀座店に行って、事情を話すとすぐに対応・交換してくれました。

使ってみて良かったこと

晴れて、希望のローズゴールドアルミニウムケース、ラベンダースポーツバンドタイプをゲットしてご満悦です。
このApple watchをかって良かったことは、1時間ごとの運動の催促だけでなく、結構ありました。

メールの着信が分かる

キッチンスタジオで仕事をしていますので、四六時中PCに向かって仕事をしているわけではありません。
なのでメールが到着しても自分でメーラーを見に行かないと分かりませんでした。
けれども、振動で着信を教えてくれます。
着信に気づいたらiPhoneからメールを読んで、必要に応じてすぐに返信ができます。
こりゃ便利だ!

万歩計にもなる

あまりの運動不足で、2016年1月1日からまずは1日1万歩以上歩こう!と決めました。
しかし、今までフィットビットを買っては洗濯して壊し、小さいが故に行方不明にしてしまい、実はもう3回買っていました。
「仏の顔も三度撫でれば腹立てる」じゃないですが、4回目はもう無いな・・・と思って安い万歩計を探していました。
しかし、watchに万歩計機能があります!うっひょー!

「Hey Siri」 でタイマー起動 ポモドーロが簡単に

デスクワークや、作業をしている時はポモドーロテクニックでやっています。
25分集中して5分休憩、これを繰り返します。
2回ポモドーロをすると、丁度一時間なので、時間の区切りや経過がわかり、自分のタイムマネジメントが出来る上に結構集中出来るところが好きです。
今まではiPhoneのデフォルトアプリのタイマーを使っていたのですが、いちいち操作をするのが面倒だったんです。
それが、Apple watchにむかって「Hey Siri 25分タイマー」と言えば、25分タイマーをセットしてスタートしてくれます。
こりゃ便利だ!

パワーポイントのスライドショーが出来る

最近、ワークショップでスライドを使う時は、PCで作成したPowerPointの資料を、iPhoneにDropbox経由でダウンロードして、演壇でApple watchで操作しています。
50センチ以上iPhoneから離れると操作性が悪くなりますが、キッチンスタジオでのワークショップであれば、場所柄そう広くは無いので50センチ以上離れることもありません。
そうすると、ワークショップ当日はPCが要らないのです。修正箇所があればiPhoneで十分修正できますからね。
女性にとって重い荷物は大敵。PCという大物の荷物が減って、これは嬉しい!!

その他に私的ありがたい機能

・iPhoneで調べた乗り換え案内をApple watchから、時間と路線と時刻を教えてくれる。
・心拍数が計れる。
・メッセージの着信が分かる。

デメリットは

かなり良い事ずくめで、これは本当に買って良かった!と思っています。
惟一のデメリットは毎日充電しないといけないところぐらいでしょうか。
これは自分の生活フローを変えて、オペレーションでカバーしています。と言うと仰々しいですが、ただ単に充電器をベッドサイドに置いて、寝る直前に充電器の上に置いているだけです。あはは。

「Apple Watch」を4回充電できる携帯バッテリー「Travel Power Bank」、70ドルで発売へ – ITmedia Mobile

もしかすると、日本でもApple watch用の充電バッテリーが発売になるかもしれないので、それも楽しみです。
でも、今のところ困っていないので良いかぁ~

とにかく、Apple watchのある生活は何かと便利で、お掃除ロボット・お掃除用スプレーと同じぐらい、2015年のベストバイです。