海が見渡せるカフェ 『SEA BiRDS CAFE』

良く晴れた冬の海は、どこまでも青い

 

広告

上野から北を目指す

 

良く晴れた休日。

気分転換に北へ向かう電車に飛び乗りました。

 

上野駅 17番線発 ”スーパーひたち”

常磐線を北上して、向かう先は日立駅。

 

出かける直前まで、家でうだうだしていたせいで、

”早目に上野駅について、スタバのほうじ茶ティーラテでも飲みながら、ゆっくりと車窓を眺めよう”なんて思っていたのに、結局は12:00の発車ぎりぎりに到着し、自動販売機であたたかいほうじ茶一つを買って飛び乗る事に。

 

電車の中で、何だかんだとケータイをいじっていたら、あっという間に日立駅に到着。

上野駅から日立駅までの1時間半の旅は、ケータイのアプリ(たすくま)のカスタマイズと、フェイスブックへのコメントに夢中になっていたら、まるでワープしたみたいにあっという間に時間が過ぎていました。

 

日立駅に到着後、中央の改札を出て「海岸口」の方へ行きます。

 

 

”行きます”とか書いておきながら何なのですが、右に曲がった途端にもう目的のカフェが目に飛び込んできました。

駅に直結してるカフェ。

そして、一面のガラス張りのカフェ。

なんだか海の上に浮かんでいるようにさえ見えるカフェです。

 

SEA BiRDS CAFE

 

SEA BiRDS CAFE

 

住所:茨城県 日立市旭町1−3−20
電話:0294-26-0187
定休日:年中無休
営業時間:07:00 ~ 22:00(LO:21:00)

 

茨城県 日立市旭町1−3−20

13:30ごろ到着した時に、ウェイティングボードが出ていました。

名前を書いて順番を待ちます。しかし、すぐに入れました。

ウェイティングボードには「カウンター席」「テーブル席」が選べるようになっていて、希望の席種に丸を付けるようになっています。

どこでも良い場合は全部に〇をつけておきます。

 

店内に入ってみます。

その前にパチリと写真に撮ってみましたが・・・

中から丸見えですからね(笑)何て言っても全部ガラス張りですから。

 

私はカウンター席を選びました。

奥のテーブル席は、地元の人らしいグループが何組かいたので、気ままに一人で入るにはカウンターが丁度良いかなぁと思って選びました。

 

そとは良く晴れているので気持ち良く空と海とが見渡せます。窓辺にはiPadが置いてあって、利用できるようになっています。

店内はFree Wifiも飛んでいます。

 

カウンター席の真正面は、道路が地上と海とを分断しています。

手前の民家は、3.11での津波の影響は受けていなかった様で、昔ながらの民家が並んでいました。

 

カウンター席の後ろはキッチンになっています。

若い店員さんが、きびきびと立ち回っていました。

 

キッチンの向こうがテーブル席です。

テーブル席からも海が見渡せるようになっています。

 

これがテーブル席から見た海。

左側の海が陸に入り組んだところは、海のすぐそばまで行ける海岸になっている様でした。

 

手前にちらっとノートが見えますが、受験生らしき学生が猛勉強していました。

こんなところで勉強していたら、さぞかし気持ち良く捗るでしょうね。

 

カフェメニューを食べてみる

 

ランチメニューは11:30~2:00でオーダーできます。

しかし、そこはあえて外して「エッグベネディクト」をオーダーしてみました。

コーヒーか紅茶、サラダ、それとスープ、が付いていて980円でした。

 

このカフェはパンケーキが有名らしく、そのほかのメニューにパンケーキのラインナップが充実していました。

エッグベネディクトは通常イングリッシュマフィンの上にポーチドエッグが乗っていますが、ここはパンケーキの上に乗っています。

このパンケーキがモチモチで美味しいのです!

 

お味は、セドナで食べた(ある意味本格的な)ものより美味しかったです。

粒マスタードが良い隠し味になって、日本人の舌に合うように作られています。

(そりゃそうだろうけどもねっ♪)

コーヒー、紅茶。そしてお水は自分でセルフサービスです。

テーブル席の方へ取りに行きます。

 

スープもセルフサービス。

 

カフェの外

 

このカフェのお手洗いはどこにあるかと言うと、一旦お店の外に出ます。

出口のすぐ左側にある、エスカレーターもしくはエレベータを降りたところにあります。

 

そしてトイレもなんだかおしゃれです。

(ちゃんと人がいない事を確認して撮っています。)

明かりがふんだんに入ってくるのです。

 

トイレの外は、これまた景色がイイのです。

誰もが海を眺めたくなります。

 

駅のまわりを散歩

 

この日立駅は「開放的で透明な空間」をコンセプトに作られたそうです。

妹島和世さんという日立市出身の建築家による設計みたいです。

 

どこから見ても広く開放感いっぱいです。

 

駅から5分ほどで海岸までも行けました。
 

 

まとめ

 

最初は、カフェが目的で出かけたショートトリップでしたが、建物が持つ開放感と心地よさで、気分がすっきりとリフレッシュできました。
海までも近いので、ちょっと風に吹かれるのも良いなと思いました。
 

3.11では、震源地に近かったこともあり、かなり揺れたそうですが、今は旅人の目で見る範囲では、穏やかな雰囲気に包まれていました。

良く晴れた日があったら、また電車に飛び乗って来てみたい場所です。

今度来る時は、陽が沈むころを狙って、移ろいゆく空の色を楽しみに来たいです。
 
 

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告