L・L・L Company Boy ミート Girl 肉会 in 銀座 に参加してきました。‏

 またまた『L・L・L Company 』のイベントへ参加してきました。

 

前回のイベントはこちらです。

L・L・L Company の 動画ワークショップに参加!

L・L・L Company の新年顔合せ会 は肉祭り 渋谷 『Goochi Batta』

 

広告

選ばれたお店

 

今回会場となったのは『Arossoa 銀座店(アロッサ)』です。

 

銀座店はニュージーランドのお肉とワインにこだわったラインナップにしています。

渋谷にも店舗があり、『Arossoa 渋谷店』はオーストラリアのお肉とワインがメインです。

どちらも南半球なんですねー。

 

住所:
東京都 中央区 銀座 2-4-6 銀座ベルビア館 8F
電話:03-5524-1146
定休日:無し
営業時間:
Lunch 11:30-15:30 (L.O. 14:30)
Dinner 18:00-26:00 (L.O. 25:00)

東京都 中央区 銀座 2-4-6 銀座ベルビア館 8F

なんと、26:00まで営業しているお店です。

うっかりおしゃべりが弾むと終電を逃しそう(笑)

 

窓からは「TIFFANY & Co.」のネオンが見えて、銀座らしいワンランク上級な雰囲気です。

 

店内はニュージーランドの国旗が飾られています。

 

オープンキッチンになっていますので、シェフが腕を振るっているところも見えます。

 

カウンター席もあります。

 

お料理を食べてみる

 

まずは食前酒を選びました。

スパークリングワインが好きなので、迷わずスパークリングワインをチョイス。

スパークリングワインにベリーのカクテルを合わせたもの。甘口でフルーティでした。

 

オーストラリアと言えば、珍しい赤のスパークリングワインが有名です。

ここにも置いてありましたが、ボトルでの注文ですので今回は見送りです。

 

二杯目は「アロッサ キウィ」という、お店オリジナルのニュージーランド・キウィとスパークリングワインを使ったカクテルです。

 

さて、お料理。

今回はアラカルトで注文して、いろいろなディッシュを楽しもうという企画です。

 

お勧めのお料理は、メニューで渡されるもののほかに、このように小さな卓上の黒板に書いてあります。

 

一皿目「アロッサ式サラダ」

アロッサ式フレンチオニオンドレッシングで頂きました。

 

ドレッシングは、5種類あります。・バルサミコドレッシング
・マヌカ&アボカドオイル
・アロッサ式フレンチオニオンドレッシング
・ブルーチーズドレッシング
・アンチョビアイオリ

 

ブルーチーズが大好きなので、次回行った時は「ブルーチーズドレッシング」と赤のスパークリングワインだな(笑

どうも”癖のある”ものが好みの様です。

 

二皿目「ニュージーランド産 牡蠣」

 

粒はやや大きめなのがうれしいです!

生牡蠣をはじめ、貝類に目が無いので悶絶の美味しさでした。

美味しい牡蠣って後味がフルーティーに感じます。この生牡蠣はさわやかなメロンのような後味でした。

三皿目「 NZ産キングサーモンのコンフィ・卵黄とハーブのサラダ」

 

これは、残念ながら私のところまでお皿が回って来ず、味は不明(笑

 

四皿目「ウズラの海老詰め」

 

これは絶品!美味しいウズラを食べながら、「なぜ、ウズラにエビを詰めたのだろう?」という話題で盛り上がりました。(笑

ソースはグレービーソース風でした。

ウズラのエビ詰めには菜の花やスナップエンドウ、根菜類のグリルしたものが付いてきました。

メンバー全員「他のテーブルのオーダーが間違えてここに来ちゃったんじゃない?」と、話していましたが、どうやらウズラにセットになっているようです。

 

五皿目 肉祭り!

 

スペアリブです。

リブです。(by 綾瀬剛)

ブリです。(by 綾小路きみまろ)

※引用 東京ガスのCM

六品目 さらに肉・肉・肉 と肉三種

 

ラム・牛・スペアリブだそうです。

”だそう”としか書けないは、お店の人が説明してくれたのだけど、誰一人正確に覚えていないからなんです。

そして食べてみたら、ラムはラム肉独特のの癖が少なく、ラムが苦手な人も気づかず食べられたというほどです。

やっぱり、ニュージーランドと言えばラムです!

七品目 「ズワイ蟹とベーコンのカルボナーラ・タリアテッレ」

 

メニューを見ただけで”美味しい予感”がしました。

ズワイ蟹の蟹肉の存在感のある、クリーミーなカルボナーラは「ランチにこのパスタだけ食べに来たい。」と言ってしまったほどです。


タリアテッレだったこともあり、新幹線 名古屋駅のホームにある立ち食いのきしめん屋が美味しいという話題になりました。

 

ちなみにそのきしめん屋は、新幹線 名古屋駅 上りホームの「住よし」です。

 

きしめんの話しから、どこのラーメン屋が美味しいとか、「おススメの美味しいラーメン屋を教えて?」と聞かれた場合の好みのヒアリング方法に話が発展しました。

うーん!勉強になるわー

みなさんなら「おススメの美味しいラーメン屋を教えて?」と聞かれた場合、どう答えます?

 

八品目 「牛と豚のラビオリ」

ラビオリと言えば、”イタリアのプチ餃子”と連想してしまいます。

しかし、ここのラビオリは、餃子の様に具を包んで無くて、皮が上に乗っているだけです。

斬新!

 

みんなは、ラビオリと六品目のパスタと比べると、パスタの方が美味しいと言っていました。

確かし私もそう思いましたが、ラビオリの豚肉がなぜかモッチモチで美味しかったです。

あれは、なんでモッチモチ何だろう?ウマ過ぎ。

 

九品目「苺とマスカルポーネのムース・ホワイトチョコのアイス添え」

 

デザートです。
苺は私を裏切りません。

 

ニュージーランドでは有名なアイスクリーム「ホーキーポーキー」を注文していたメンバーに味見させてもらいました。

キャラメル味で、ニュージーらしい少しガツンとパンチのある甘さです。

 

まとめ

 

いやはや食べた食べた。食べました。

全部で八品ですが、お肉とパスタとラビオリ以外は、8人で一皿。

お肉とパスタとラビオリは、8人で二皿をオーダーしたので、いろんな味が楽しめました。

途中、白ワインのボトルを1本入れたこともありますが、全部で約7,500円でした。
アラカルトなので少々お高めになったのかなと思いましたが、コース料理だと下の通りです。

フリードリンク付きKIWI COURSEと同じ価格なので、一品多いことから大勢でアラカルトにするとちょっとお得でした。

 

・Arossa’s Course 7品(コーヒー・紅茶含む) 3,800円

・フリードリンク付き Arossa’s Course 6,000円

・KIWI Course 8品(コーヒー・紅茶含む) 5,500円

・フリードリンク付きKIWI COURSE 7,500円
L・L・L Company では、これからもこのようなお食事会を定期的に開いていくそうです。

8名参加のうち6名が知り合いでしたが、2名の方が初めてお会いした方です。

こう見えても、初めての方とお話しするのは得意では無いのですが、お初のお二人がとても気さくな方だったことに加えて、雰囲気が和やかなだったことから、会話が盛り上がり、18:00からスタートした食事会は気付いたら22:00でした。
今回の「L・L・L Company Boy ミート Girl 肉会 in 銀座」は告知半日で満席になり、私はキャンセル待ちして繰り上がり参加だったので、次回こそは早めに申込みしようと思います。
次回の開催が待ち遠しいですー。

 

広告