東京 葛飾柴又 高木屋老舗のかき氷 映画「男はつらいよ」の舞台になった店先で食べる昭和の味

地元、葛飾柴又の紹介です。
「ポケモンGo!」を楽しみがてら、散歩してきました。
そうそう、最近は高田純次の「じゅん散歩」、有吉の「有吉くんの正直散歩」、タモリの「ブラタモリ」などなど散歩番組全盛ですね。
手軽に行けてちょっとした発見などあったりと、都内散歩でも十分に楽しめます。

行った先は、草団子で有名な「高木屋老舗」
ここの店先で食べる「氷あんず」が好きで、暑い夏の日にはもってこいです。

高木屋老舗 柴又帝釈天

広告

柴又帝釈天 参道入口そばにあります

京成電鉄 金町線 柴又駅を降りて、帝釈天方向へ行きます。
するとすぐに「参道入口」に到着します。

参道を入って、左側の2件目が「高木屋老舗」となります。

右側にもあります。両方とも高木屋です。店が手狭になったので、左右両方に店舗があるのです。
中に入って食べられるのは向かって左側の店舗となります。

お目当ての「氷あんず」を食べるぞ!と意気込んで行ったものの、メニューから氷あんずが無くなっていてがっくり。
しかし、すごく暑いので他のものを注文することにしました。
お値段は600円。先日、浅草でかき氷を食べたときは900円しました。それと比較すると安いですね!

お店に入ってすぐ左側にあるレジのところで食兼を買います。

かき氷以外の定番メニューとして、名物の草団子・みたらしだんご・磯おとめ(醤油味にきざみのり)・おでんなどもあります。

一応営業時間は、公式には7:30~なのですが、柴又帝釈天境内で毎日ラジオ体操があり、ラジオ体操帰りのかなりご年配のオニイさん・オネエさん方がここでおでんを食べながら世間話に花を咲かせているところをよく見かけます。
ですので、7:30より前から営業しているのでは?と思うのです。
また、柴又帝釈天参道を抜けたその先が、江戸川の河原になっていて、元旦にはそこで初日の出を見に来る人がとても多く、朝早くから店を開けて冷えた身体を熱燗とおでんが暖めてくれるという楽しみも味わえます。

食券を買ったら奥に行って座りますか。

店の奥は、「男はつらいよ」のロケ風景と高木屋さんの女将さんたちとが写っている記念写真がところ狭しと飾ってあります。
この高木屋さんの二階を、ロケ中の役者さんが休憩場所としても使っていたそうです。

ちなみに、「男はつらいよ」の舞台になったのは「くるまや」さんというお団子屋さんです。

店の中から参道を眺めるとこんな景色です。
お店の隅では、バスガイドさんが休憩していたりして、のんびりした空気が流れています。

そして、出てきた「ミルク味」のかき氷がこれ。溢れんばかりの量!もちろんこぼしましたよ(笑
かき氷の通な食べ方は、手で押さえて少し小さくまとめてしまうことらしいです。しかし、今どきのかき氷はフルーツだのソフトクリームだのいろいろトッピングされているので、そうはいかないのが難しいです。

店内は冷房も入っていますが、見ての通りの吹き抜けです。外からの風も感じながらかき氷を食べることができます。

ぜひ、ぶらりと葛飾柴又を散策してみませんか?


広告