ものづくりの街 秋葉原 御徒町 2K540 を探検する

2014-08-03 14.46.19x

秘密基地の様なエリア 2k540

 

広告

『2k540』 とは

 

2k540』 に行ってきました。

・・・夏に・・・あ・・・。8月3日の夏真っ盛りに・・・。
『2k540』とはそもそもなんぞや?です。
JRでは東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示します。
場所で言うと、東京の秋葉原と上野御徒町の間が丁度2キロ560メートルにあたります。
そのキロ程のJRの高架下を利用した空間にあるのです。
この空間に何があるかと言うと、『ものづくりの街』があるのです。
ここは、JR東日本が企画した空間で、若いクリエイターや職人が集まり、物を売るだけでなくその作り手とコミュニケーションができるという事がコンセプトだそうです。
型に縛られない、新しいものを生み出す若い人材を育て、なかなか店舗を持てない職人さんたちへの場の提供がされています。

『2k540』に行ってみよう

JR秋葉原駅とJR御徒町駅の中間地点にあるのですが、一番最寄駅は銀座線末広町となります。
末広町駅を真上に出ると、ぐるっと四方を見渡してJRの線路を高架を探します。
見つかったらその方向へ(SONYのカスタマーセンターのある方向)へ進むと徒歩5分ほどで到着します。
するとJR風の看板が(笑
2014-08-03 14.40.22x
東京都台東区上野5-9
※山手線 秋葉原駅から徒歩6分/御徒町駅から徒歩4分
銀座線 末広町駅から徒歩3分
東京都台東区上野5-9

『2k540』 の中を探検してみよう

この看板に一番近い店舗としては、まず日本百貨店があります。
日本中の職人さんの手仕事で作られた雑貨がところ狭しと並んでいます。
2014-08-03 14.40.12x
手作りでは無いですが、センスの良い文房具も揃っています。
2014-08-03 14.43.38
全国各地の名産品や、手作りの風鈴もありました。
オーソドックスなものから、モダンなデザインのものまでいろいろです。
日本ならではの「ちょっと粋な」感じのものが、所狭しとならんでいます。
2014-08-03 14.43.25
写真のサイコロデザインのパッケージに入った小皿。
お皿が六枚入っていて、1の目から6の目のデザインです。
これ欲しかったんですよねーーー。
迷いに迷って、、もうどれも素敵過ぎて迷い過ぎて、、、何も買えませんでしたヨ
やっぱり欲しくて後日行ったら、もう売り切りでありませんでした。
物との出会いもタイミングなんですね。 2014-08-03 14.43.02

 

職人さんエリアに突入

そこから先が職人さんがいるショップとなります。
ここは、『空間工房 卓屋』さん。手作り家具のお店です。
店内に入ると木の香りに癒されました。
2014-08-03 14.47.28x
そこからどんどん御徒町方向に向かって進みます。
行ったのは夏真っ盛りでしたが、高架下って割と涼しいんですよね。
ってことは、洞窟と同じで夏は涼しく冬は暖かいのかなぁ?
2014-08-03 15.13.09x
ここは『やなか珈琲』さん。
コーヒー豆の販売とカフェがあります。
2014-08-03 15.17.10
なんと、生豆から焙煎してくれるそうです。
2014-08-03 15.17.03
種類がいっぱいですね。
私はコーヒーはあんまり飲まないのでチンプンカンプンですが、好きな人にはたまらないのだろうと思います。
2014-08-03 15.16.53
そして、帽子屋さん
若い職人さんが帽子を作って売っています。
2014-08-03 15.17.28
御徒町はもともと皮製品の職人が多くいたところだそうで、レザーグッズの店舗が多かったです。
バッグや革小物を探している方にはぜひおすすめです。
それと木工の店舗も多かったです。
なんと、木でできたキーボードもありました。そんな手触りのいいキーボードを使っていたら、仕事のストレスも軽減されるのではと思います。 2014-08-03 15.42.53
ここの面白いところは、店舗だけでなく”マルチスペース”と呼ばれるエリアがあって、ここでさまざまなものづくりワークショップが開かれています。
私が行った時は、「靴作りワークショップ」が開かれていました。
靴ですよ、靴。靴を作れちゃうんですよ。すごいなーー。
私はワークショップには参加しませんでしたが、ワークショップを主催している若い靴職人さんが作った靴を激安価格でGetしました。
2014-12-03 06.56.18
何が凄かったかというと、
・若い方の感性なので、デザインがおしゃれです。
・イタリア製の高級皮革を使っている。けれど激安、1足5,000円
2足買ったら1足4,000円にしてくれて、2足で8,000円です。
デパートだったら、1足8,000円では合成皮革の靴しか買えません。
・職人さん手作りなので、どちらもハイヒールなのに歩いても歩いても疲れないんです。
ほんとにハイヒールなのか?と思うほど履きやすいのです。
おそらく、日本人の体型に合わせた重心位置になっているのでは?と思います。
この夏はヘビロテしました。
「足にぴったり」ということなのか、靴の中のタグのデザインがシンデレラなんです。
こういう小憎らしいシャレがきいているところも何とも心をくすぐります。

まだまだ楽しみなエリア

ここでは、出店したいという方も広く募集しているそうです。
もし、ものづくりをライフワークにしてみたいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
それと、これからもいろんなワークショップやイベントがあるようですので、これも楽しみです。
直近では、『クリエイターズ マーケット』が開催されるそうです。
年末年始の開店情報は、12月3日時点でまだ掲載されておりませんが、サイトをご確認の上この年末年始休暇におでかけしてみてはいかがでしょう。
雑貨好きの方はぜひGo!Go!です。
  • ブックマーク

スポンサーリンク