雪降る東京。上野→御徒町→秋葉原→浅草橋と歩いた1日: 週刊(不定期)さゆりっぷ 日記2020.3.14

3月中旬なのに、雪の東京でした。

翌日の「春キムチクラス」のための買出し、準備があるため、家に籠もっているわけにもいかずお出掛けです。

一番の目的は、東上野にある韓国食材のお店「まるきん」
いつもなら自転車でサクッと行くのですが、あいにくの雪まじりの雨。

家からどうやって効率よく買い物を済ませるか?を考えたところ、上野から攻めるのが良さそうと考えました。

京成本線で上野へ出て、そこから東上野までアメ横を突っ切って、まずはお目当ての「まるきん」へ。

この時期、確実に「えごま」が売っているのは韓国食材店のみ。
えごまとを粗挽きの唐辛子を購入。
粗挽きの唐辛子も韓国食材店でしか買えないので、この2つが買えるとホッとします。

次の目的地は、秋葉原の福島屋。
自分用に卵を買いたいのです。
卵はどこでも買えますが、産みたての卵が買えるのが福島屋。

雨なので御徒町駅へ行き、秋葉原駅まで一駅電車に乗ろうとしたけれど、
一駅だし、秋葉原駅とは言え御徒町駅寄りに福島屋はあることから、どうせならと歩いて行くことに。

その途中、カフェ・ド・クリエで、トーストサンドイッチでお茶休憩。
(クラブハウスサンドイッチなど、トーストされたパンのサンドイッチが大好物)

そして、福島屋まで辿り着き、卵ほか欲しかった自宅用の食材を買って一安心。

次は、「春キムチクラス」用の食材を、スーパーライフで買う予定。
これまた、秋葉原駅と浅草橋駅の途中にスーパーライフはあるなと。

再び徒歩でスーパーライフへ行くことに。

スーパーライフからは、もう徒歩以外に考えられないので、結局歩く。

歩いた歩いた。
ふー。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク

スポンサーリンク