自分が「好き」と思うもの、「そうじゃない」と思うこと

久しぶりのブログ更新です。
2月3月は、確定申告作業やら、立ち上げた株式会社あみだすの”基礎”部分の整備とか、
インバウンド向けサービスの2019年の立上げやら、
自分と会社の方向性を考えたりとか、
新しい学びを始めたりとか、
なんだかんだでブログでの発信が滞っていました。

広告

忙しく、しかし静かに内省する時間

忙しいとは言いつつも、もともと”下地を整備する”ことが好きなようで、楽しい時間でもありました。

前職では新規事業立上げとか、新サービス立上げなどとなると、すぐにその部門に放り込まれるタイプでした。
「新規事業立上げとか、新サービス立上げに放り込まれる人は、必要の無い人を人身御供のように移動させられる」という事を言われたりしますが、私は喜々としてそこへ飛び込んで行っていました。
それが本当に人身御供であっても、私にとっては本望だったのです。

さて、前置きはこれまでにして。
ブログも書かずに忙しくしていた時間は”下地を整備する”と共に、自分自身を見つめる機会でもありました。
日々、時間が足りないわけですから、「必要なこと」と「心からやりたいこと」しかやれないのです。
その為に、自分にとっては些細なことや、そんなに重きを置いていないことは、どんどん切り捨てるしかありませんでした。
もちろん、中にはスケジュールの都合上涙を呑んで断るしかないこともありましたが。

このタイミングでこれをやる意味はあるのか?タイムスケジュール的に問題無いのであれば先送りし、今この時でないとこの先立ち行かないと思われることは前倒しする、その選択の繰り返しでした。

そう言ってしまうと、殺伐とした印象を受けがちですが、いやいやこれがまた学ぶこと多々。
選択することを繰り返していくと、次第に自分にとって何が大切なのか。自分は何が好きなのか。自分はどうなりたいのかがとてもくっきりと見えてくるのです。

限りある時間の中で、何をやらなければならないのかが分かると、それから差し引いた時間で何をやりたいのかがクリアに見えてくるようになりました。

その結果、

何をやらなくてはならないのか
何したいのか
これが見えてきた途端に、不思議なことが起きたのです。
心がすぅーっと静かに落ち着いたのです。

遠目で海を眺めると凪いでいるように見えるけれど、ボートに乗って海面に漕ぎ出してみると、波立ってはいないが大きくゆっくりとうねっている感覚に近いかもしれません。
バシャバシャと波をかぶっていた時とは違った感じかた、見え方がしてきました。

朝日記

さて、話しは変わって。
忙しい日々を乗り切るために、最近Excelで「朝日記をつけ始めました。

株式会社あみだす全体のこと
Kitchen Beeのこと
ものくキャンプのこと
家のこと
お金のこと

突発的なタスク
定期的なルーティン
デッドラインが決まっているタスク
デッドラインは決まっていないが重要なタスク
将来のための準備

忙しいとこれらが頭の中をぐちゃぐちゃになって散らばっている上に、ふと浮かんだアイデアが加わったら、時にはプチパニックを起こしてしまいます。

そのために、頭の中ものを吐き出して、自分の脳の負荷を下げるために「Things」アプリや「Todoist」アプリ、「たすくま」アプリを使ってみました。
しかし使ってみて、どうもアプリにお尻を叩かれている感覚がしてならず、少々辛くなってきたのです。
結局「Todoist」と「たすくま」を特定のタスクだけに使っている状況で、心と頭の整理をするには至りませんでした。

毎日、「今日の9個のマス」を埋めることと、「昨日9個のマス」の振り返りをします。

9個のマスの項目は
・仕事のこと
・食事と健康のこと
・お金のこと
・両親と家族のこと
・今日のこと
・○○のこと
(自分で自由にテーマを決められるので今いまは断捨離にしています)
・人間関係のこと
・ライフワークと人生の夢
・今日の気づき

これらを無理に全部書か無くても良いのです。
また「Todoist」や「たすくま」と違って夢を書く項目「ライフワークと人生の夢」があるのが嬉しいのです。
ここに『本当にやりたいこと』『本当に好きなこと』を書いています。

私は独立する前の会社員生活最後の2年は、手のひらサイズの小さな手帳とペンをいつも持ち歩いていて、毎日1ページに「独立するに当たって今1番気がかりなこと」「それを克服するために今日やったこと」を毎日書いた後、最後の3行に”夢を3つ”書いて心の励みにしていました。
あの手帳があったので、私はえいやっ!と独立できた気がします。

それの進化版がこのExcelの「朝日記」です。
毎朝、頭の中を整理したり、今ちょっとこちらの項目にウェイトがかかり過ぎているけれど、もう少しでバランスが取れそう、、、などと今後の目安にもなります。
そして必ず振り返ること。

写真ではこの横一列が2019年になります。
2020年はこの下の横一列となって並び、前年比較をします。

このアイデアはこちらの本で知りました。
Amazonを調べたら現在予約受付中ですが、コンビニの店頭には売っています。
斎藤一人 人生がなぜかうまくいく人の考え方

最近、毎朝これを書くことで、忙しいながらも不要なものが切り捨てられ、大切なことや好きなことを厳選できる生活になりつつあるのが嬉しいのです。

そして、久しぶりにブログも書けて嬉しいなぁ。

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク