山梨 甲州市「エリソン・ダン・ジュール」でのランチで、最高の白ワインに出会う。山の中のとにかくステキなフレンチレストラン

ワイナリー巡りの2軒目は、ランチ&ワインを楽しめるフレンチレストラン。
「エリソン・ダン・ジュール」

住所:〒409-1301
山梨県甲州市勝沼町中原5288-3
電話:0553 39 8830
サイト:http://herisson-koshu.com

1軒目の「奥野田ワイナリー」の記事はこちら
3軒目の「グレイス・ワイン」の記事はこちら
4軒目の「MGVs」の記事はこちら
5軒目の「勝沼醸造株式会社」の記事はこちら

広告

山の中のステキなフレンチレストラン

一軒目のワイナリーを出発してから、車はどんどん山の中へ入っていきます。

こんな山深いところに何があるのだろう?と思っていたら、ヨーロッパの山荘風のフレンチレストランに到着。

かつては、JR塩山駅のそばにお店があったそうですが、今は静かな山の中にひっそりと営んでいました。
とは言え、人気店なのだそうで、ファンはこんなに山の中までも足を運んでくるそうです。

レストランの周りは、ちょうど紅葉が始まったばかりで、緑と赤のコントラストが美しかったです。

店内は洗練されたしつらえ。

幹事さんが、あらかじめ予約を入れてくれていましたので、すぐのご案内。

最高の味の微発泡の白ワイン

▼まずは白ワインが注がれました。

ドメーヌ・オヤマダの「Bow!」これが衝撃的な美味しさ!!!
すぐにiPhoneから検索して、買えるのか?手に入るのか?と調べたほどです。

他の白ワインは、少し敷居の高い取り澄ました感じの女性だったなら、この「Bow!」は私のような素人をも受け入れてくれる懐の広いワインとでも言えましょうか。

夢中になって、この白ワインについて調べていたら、やはり人気のようで超入手困難なワインであることが分かりました。

しかし、ワインが出来上がる頃、なんとしてでも手に入れたいと思わされるワイン。

▼2杯目は「洗馬」

「洗馬」も人気のワイン。
以前、甲府市内のワインバー「OASIS」で飲んで、これは美味しい!と思ったワインですが、この日の私のハートは「Bow!」に持っていかれていました(笑

洗練されたお料理

▼徳島産石垣鯛のバルサミコソースと自家製鹿肉のサラミ入りサラダ

▼さつまいものポタージュスープ。スープと言うよりも滑らかな”食べるさつまいもクリーム”と言えるほど濃厚。

▼鶏のクリーム煮。ホロホロに柔らかな食感。

▼デザートは。自家製アイスクリームといちじくの赤ワイン煮、いちじくのタルト。

▼焼き菓子とエスプレッソ

感想

ランチは2,900円、ワイン代が1,000円。
total 3,900円。

この価格でこのクオリティは、コストパフォーマンスが高いと感じました。
特に私のハートをがっちりと掴んだのは「Bow!」
美味しいお料理を邪魔せず、しかしうっとりするほどの美味しさ。
こんな素晴らしいスパークリングがこの世にあることに感謝です。

このお店を選んでくれた幹事さんに感謝!!

さぁ、3軒目にGo’

  • ブックマーク

スポンサーリンク