東京 両国テラスの鹿屋アスリート食堂は、隅田川ランナーにもそうでない人にも面白い!

先日、神田錦町にある鹿屋アスリート食堂に行ってきました。
記事はこちら
東京神田錦町 「鹿屋アスリート食堂」で身体に効くランチ!

その時に、両国にもあると知って、自分のキッチンスタジオから近い事を知り、さっそく行ってきました。

広告

両国テラス

JR総武線、都営地下鉄 大江戸線 両国駅から歩いて4から5分ほどの距離です。
JR総武線の両国駅を使った場合は、駅のすぐ隣の両国国技館の反対側にあります。
大江戸線の両国駅からの場合は、JRの両国駅を目指すと見つけやすいです。

隅田川ラン!ランナーズサポート&食堂が連動した複合施設「両国テラス」

両国テラスは、隅田川沿いをジョギングするランナー向けにランステーションとしてオープンしています。
シャワーブースが設置されていて、着替えや汗を流すのに便利な施設となっています。

ランステーションの他にはバーベキューテラス、月イチマルシェなどの即売会などもあって、いろいろイベんとに使えるスペースとなっています。

開放感あふれる場所です。
こんなところが出来ていたなんてビックリ!2015年2月9日にオープンしたとのことです。
この記事を書いている2016年1月28日からすると、出来て一年も経っていないのですね。

お!そしてテラス内に「鹿屋アスリート食堂」を発見です!

両国の鹿屋アスリート食堂

さっそく入ってみます。

いきなりです!コタツがありますよ!!
これだけで、ものすごいインパクトというか、、私は自宅のコタツを撤廃してしまっているので、コタツが恋しいのですよ。
家にコタツがあると”私の巣”となって動かなくなってしまうので、廃棄してしまいました。でも日本人ですからコタツ大好き。
コタツは掘りごたつ式になっているので、正座が苦手な人や足が痛い人にはありがたいです。

テーブル席もあります。

オーダーの仕方 ランチタイム

ランチタイムの11:30 – 14:30 は各テーブルにメニューとオーダーシート(オーダー用の紙)があるので、まず席の確保をしてから、席でオーダーを決めてから、テーブル席のある店内で注文します。

コタツ席よりも店内のテーブル席がお好みであればこちらを利用できます。

水・おしぼり・お箸はセルフサービスで自分で、入口すぐのところかもしくはテーブル席店内の真ん中あたりにあるので取りに行きます。
注文したお料理は、席まで運んでくれます。

オーダーの仕方 ランチタイム以外

ランチタイム以外も定食メニューは食べられます。また、カフェメニューもあります。
ランチタイム以外の場合は、オールセルフサービスになりますので、店内のレジカウンターに行って直接注文します。
お料理は席まで運んでくれます。

追加ドリンクを注文した場合は、精算はランチメニューと一緒に最初に行いますが、ドリンクチケットを持って自分で後から取りに行く仕組みになっています。
ちょっと面倒・・・。

開放感あふれるコタツ席

コタツが嫌でなければ是非コタツ席をおススメします。
まわりをビニールシートで囲んでいるのみですので、冬場は寒いです。

その場合はストーブで温まったり、ストーブの近くにブランケットがあるので、それを利用するのも良いかと思います。

隣の旧安田庭園が借景になっていて、日差しが気持ち良いです。

オーダーしたメニュー

美味しいです。薄めの味付けが嬉しいです。
・アス米
・豚肉のしょうが焼き
・油揚げと水菜和え
・蒸し鶏と白菜の塩昆布和え
・とろろすまし汁

寒いけれどコタツで温まりながら、緑を眺めながらの食事は気分が晴れ晴れします。

休日にランニングがてら足を運ぶのも面白いかもしれません。
ランニングしなくても、すぐ隣が旧安田庭園と名所もあるので、お散歩がてらにいかがでしょうか。

鹿屋アスリート食堂
宝島社
売り上げランキング: 38,929
アスリート食レシピ

posted with amazlet at 16.01.12
鹿屋アスリート食堂
アスペクト
売り上げランキング: 420,127
JISS 国立スポーツ科学センター
主婦と生活社
売り上げランキング: 19,863

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告