東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”で発酵食クラスを開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【7月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダー】

【8月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダー】

徳島 上勝町:リストランテ・ペルトナーレ 里山にひっそりと息づいている地場イタリアン

徳島県は上勝町へ行ってきました。

上勝町は、徳島市から南西に向かって、車で約1時間ほど山奥に向かったところにあります。

すぐ西に名峰 剣山があり、剣山へ向かうスーパー林道の入口となっています。

町の大部分山地で平地が少なく、段々畑や棚田がある、日本の原風景とも言える、小さくて静かな町。

”過疎の町”と言ってしまえば、他の田舎の村や町とひとくくりにされてしまいそうですが、この上勝町は全国から注目を浴びているHOTな町なのです。

HOTな理由は「彩り(いろどり)農業」と上勝町では呼んでいて、

紅葉、柿、南天、椿の葉っぱや梅、桜、桃の花など料理のつま物にする材料として商品化したもが、東京や大阪・京都などの料亭が多くある都市に出荷されています。

その年商は全体で億単位と言われています。

いっけん見たところ静かな町、いや村ですが、パワフルさも持っている上勝町に一度行ってみたいと思って訪ねました。

しかし。。。しかしですよ、3度の食事に困ってしまうほど、コンビニエンスストアは無い、レストランは無い、商店も無い、自動販売機はあるが少ないという町なのです。

さらに「コロナで自粛営業」という追い打ちをかけられまして、ほとほと困り果てておりました。

そこで、Google先生に質問して、電話をかけまくってやっと夜ゆっくり食事ができるイタリアンレストランを見つけました。

『リストランテ・ペルトナーレ』

〒771-4501
徳島県勝浦郡上勝町福原字平間62番地

080-3165-7153

広告

里山の古民家を改装したイタリアンレストラン

とにかく、行くのも大変ですが、見つけるのも大変(笑

私は、上勝町ゼロウェイストセンターに泊まっており、そこからレストランまで徒歩で約35分

車があれば10分ほどで到着できるのですが、私はペーパードライバー。

仕方なく、テクテクと山道を歩いていきました。

「月ケ谷温泉 月の宿」が近くにあるので、そこを目指して行くと良いです。

さてさて、目的地付近に到着したのですが、、お店が見つかりません。

そう。。↓こちらの写真のような店構えなのです。これ、、見た目、里山の民家ですやん。。。

↓これが入口。いやー簡単には見つけられないでしょ(笑

店内は居心地の良い空間

おそるおそる引き戸を開けてみると、まったく予想もしていなかった、居心地の良さそうな空間がそこに広がっていました。

自分の席から店内を見渡したところ。ちなみに隣の席の女性は同じ上勝町ゼロウェイストセンターに宿泊していた方
ふすまの上には、ワインの空き瓶が飾ってあります。

イタリアン・コース料理

事前に予約するために、電話をかけた時に、3500円・5000円・7000円の3つのコースと、アラカルトがあることを伝えられました。

今回、5000円のコースをお願いしてみました。

お料理はいずれも、地元の素材を使っているのが特徴です。

お食事スタート。左側の逆円錐型のものは、パン皿。
おしぼりが籠に入れられて出てきました。
帰り道を再び約40分かけて歩いて帰ると思うと(しかも帰りは上り坂)、飲む気になれずサンペレグリノで乾杯(笑
ひとさら目は「ヤングコーンのフリット」コーンの髭も軽く揚げてあり一緒に食べられます。上にはパルミジャーノレッジャーノチーズがかかっています。
すっぽんのスープ。中にはすっぽんとウドが入っています。フレッシュなオリーブオイルのグリーンから爽やかな香りが立ち上っていました。
アスパラののスクランブルエッグ。上にはルッコラの花が乗っています。
ここで自家製フォカッチャとグリッシーニがでてきました。どちらも香ばしくて美味しい!
筍とこごみを使ったタリアテッレ。春らしい一品です。
小松島のうなぎ。ソースは鰻の骨と木の芽が入っているとのこと。
小松島とは、上勝町から東に向かった海沿いの町です。
牛ランプ肉に、上勝町のラッキョウ、新玉ねぎ、にんじん他
エゴマのジェラート
和三盆のジェラートと地元産の苺で作られたタルト
上勝番茶。とても上品な味。緑茶と比較するとやさしい味わいです。このあたりはお茶の山地でもあります。
地元の栗で作った、栗のビスコッティとキウィチョコレート

まとめ

至極の10品+お茶でした。

こんな人里はなれた場所に、イタリアンレストランがあること自体にも驚きましたが、それぞれのお料理がとても洗練されているため、山の中にいることを忘れてしまいそうになります。

サービスしてくれる方が、これは上勝産の〇〇、こちらは勝浦産(地元)の〇〇、小松島産の〇〇と、どこの食材を使っているのかを丁寧に説明してくれるので、そこで”ここは徳島なんだ”ということを思い出させてくれるのですが、

逆に言うと、それが無ければ都内の一流レストランと何ら変わらない、すばらしいお料理の数々でした。

おかげで帰りの40分の道のりも、スキップしたくなるような、そんな夜となったのは言うまでもありません。

ぜひ、徳島に足を運んだ際は立ち寄って欲しいと思う、そんなリストランテでした。

HPはこちら

コロナ禍で営業日・営業時間に変更がある可能性がありますので、必ず事前予約されることをお勧めします。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク